2011年4月26日(火) 釣女続き(長浜曳山)

 (前回からの続きです)
 かわいいお嫁さんを釣り上げた大名に習って、太郎冠者もお嫁さんを釣り上げましたが・・・とんでもないオカメが釣れました。
オカメの方は太郎冠者を気に入って嬉しそうですが・・・

 あああ、えらいものを釣っちゃったなあ・・・
太郎冠者は後悔しています
a0063364_19225725.jpg


「高砂や~!せっかく恵比寿さまが授けてくださった嫁ではないか!末永く添い遂げよ!」大名が言いました。
a0063364_19255083.jpg


「うれしいわ!私たち、結婚するのね!」オカメが笑うと
太郎冠者は「あああ、人生真っ暗でござる!」
a0063364_1927129.jpg


祝言のお酒を豪快に飲む花嫁
ごくごく
太郎冠者は「あああ、なんということ!」
a0063364_19281118.jpg


太郎冠者さん、チューして!
a0063364_1929492.jpg




お前とキスするなんて嫌だよ。でもお酒だけはいただこうっと!
あらひどい!っとふくれるオカメ。
a0063364_19334839.jpg





お祝いの踊りを踊る大名夫妻の横で、
太郎冠者はただただ、ため息をついています。
a0063364_19352791.jpg



そうこうしている間に、オカメは太郎冠者によりかかったまま、眠ってしまいました。
太郎冠者がつついてもオカメは起きません。
a0063364_19394528.jpg




どさくさまぎれに、太郎冠者は、大名のお嫁さんを略奪しようと試みました。
「僕、こっちの方がいいんだ!」
a0063364_2343399.jpg



こら、彼女はわしの女房だぞ!
大名はあわてて、お嫁さんを取り戻そうとします。
a0063364_23445519.jpg



大名はお嫁さんを取り戻しました。
「太郎冠者、もう観念いたせ!」
太郎冠者は「どうしてもそっちの子がいい!」と頑張っています。
a0063364_23494889.jpg



「はいそこまで!」オカメが中に入りました。
a0063364_2352876.jpg



「太郎冠者さん、あんたにはあたしがいるじゃないの!」
a0063364_23541723.jpg



「さあ、わしらはもうあっちへ行こう」仲良く立ち去る二人と騒ぐ太郎冠者。
a0063364_23572436.jpg



大名がうっかりしている間に、また太郎冠者はお嫁さんを奪おうとしました。
「あ~れ~」お嫁さんは大名を呼びました。
a0063364_041664.jpg



大名はお嫁さんがいなくなったのに気づきません。
その間にオカメが大名に近づきました。
「こっちの人でもいいわ」
a0063364_051887.jpg



気が付いた大名は「お前はいらん!。太郎冠者のところへ行け」
a0063364_06825.jpg



「僕、もうこの子をぜったい離さないもんね!」
「太郎冠者、いい加減にせい!しつこいぞ、お前」
「あなた~!助けて~」
a0063364_074041.jpg



「さあ、帰ろう。」
「はい、あなた」
仲睦まじく帰る二人。太郎冠者は大慌て。
a0063364_095950.jpg



オカメがちょっと席をはずしている間に太郎冠者は布をかぶって隠れました。
a0063364_0143037.jpg

オカメは、姿が見えなくなった太郎冠者を探す折りに、手伝う後見の少年にも「あたしとつきあわない?」とナンパし、断られています。(相手は誰でもいいのか?)

オカメは、太郎冠者の大好きなお酒の入ったひょうたんを釣り下げると、お酒好きの太郎冠者はすぐに姿を現しました。
a0063364_0172447.jpg



今度は太郎冠者がオカメに釣りあげられたのですね。
a0063364_0183044.jpg



結局、男が女に釣りあげられているのが結婚かも?
怖いお嫁さんにあたって、苦労している男性もたくさんいるでしょうね。
笑いの中にもちょっぴりペーソスが感じられました。
a0063364_0235452.jpg



最後に登場人物全員が回りました。
a0063364_0283652.jpg



最初に舞を舞った子供も後見の子も登場。
みんな本当によくできたね。
a0063364_0312330.jpg


素晴らしい演技にお客さんは大爆笑でした。
演じた少年たちは、ごく普通の地元の小学生と幼稚園児のようです。
これからも、郷土の誇りでもある豊かな文化を継承していってほしいと思いました。
a0063364_030887.jpg



挨拶が終わると、緊張がとけて、普通の顔に戻った子供たち。
a0063364_0331520.jpg




このオカメ役の少年だけは、終わった後も愛想を振りまいてくれました。
君、役者だね!
a0063364_0372113.jpg



順番にまた肩車されて退場。
a0063364_0354631.jpg



写真を撮る見物人
a0063364_0361611.jpg


実際のセリフは、古い狂言の言葉でしたが、ここでは勝手に今風に書きました。実際に話された言葉とは全然違います。芝居の流れそのもは、変わらないと思いますが。


来年も是非見に行きたいと思います。
[PR]
by andrzej11 | 2011-04-26 23:39 | 近江路


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧