カテゴリ:近江路( 66 )

2009年2月22日(日) 日野町ひなまつり紀行②

 日野町には桟敷窓のある家が多くあります。
五月の曳山祭りを家の中から見るために塀に窓が開けてあるそうですが、普段は閉まっています。
時間帯や日程にもよるのか、あるいは今回は飾っていないのか、窓の閉まっているお宅もありました。
いつも開けていたら不用心ですしね。
それにしても桟敷窓なんて初めて見ました。
a0063364_22295176.jpg

a0063364_22485773.jpg


開いている桟敷窓から見えるお雛様。
a0063364_22315065.jpg


中を見ると、大型のお雛様が飾ってありました。
写真では分かりにくいですが、普通よくある段飾りのお雛様の二倍くらいの大きさでした。
人形も道具も全部大きいんです。
a0063364_22322695.jpg

脇には古いお雛様も
a0063364_22331757.jpg


観光客が桟敷窓から中を撮影しています。(私も撮りましたが)
ふつうは人様の家の中を写すなんて、プライバシーの侵害もいいとこなんですけど、
この時期日野町ではOKです。
a0063364_22362227.jpg


このお宅は長屋門が開いていて、中に入って格子窓からお雛様が見えたようですが・・・
門をくぐるのは、家宅侵入?みたいではばかられ、外から撮影しました。
a0063364_2239296.jpg

このお宅も、長屋門が開いていて「どうぞ中を見て」と言う感じだったんですが・・・
犬が吠えていたし、門の外側から素早く撮りました。
この家は特に大きなお屋敷でした。
a0063364_22464247.jpg


桟敷窓のない家でも、通りに面した窓からお雛様が見えるようにしています。
a0063364_22534113.jpg


パーマ屋さん(美容院と言うよりパーマ屋さんがふさわしい)の入り口
a0063364_22554383.jpg


ところで、昼食はこちらのお寿司屋さんでいただきました。
a0063364_22585715.jpg


日野町名産、日野菜のお寿司。500円。
なかなかおいしかったですよ。おすすめです。
a0063364_2302253.jpg


この寿司屋の湯のみの柄が・・・ちょっとすごかった・・・
a0063364_2305833.jpg


お店の方はとても親切で、色々と案内してくださいました。


お地蔵さん
a0063364_2257916.jpg


日野町ひなまつり紀行次回につづく

a0063364_23121129.gif



おいらたちはお留守番でした。(ジロ)
a0063364_2375390.jpg


あたいもお気楽にやってます。(花)
a0063364_2382273.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2009-02-22 23:13 | 近江路

2009年2月21日(土) 日野町ひなまつり紀行

 蒲生郡日野町の「ひなまつり紀行」へ行ってきました。

みぞれが降る中を車で日野町へ
a0063364_23521875.jpg


遠くの山は白くなっています。
a0063364_2353159.jpg


近くの山も少し白い・・・
a0063364_23534730.jpg


日野町銀座に到着
a0063364_23541572.jpg


日野町のひなまつり紀行は、民家や商店に古いお雛さま、新しいお雛さま、手作り雛などが飾られています。

このような赤い看板が、お雛様を飾ってある民家や商店の前に立っています。
竹の中に、様々なお雛様や人形などがそれぞれのアレンジで飾られていてユニークです。
a0063364_2357795.jpg


ガラス戸の向こうに飾られたお雛様
a0063364_2359954.jpg


近づいてみますと・・・
a0063364_002295.jpg


この店にも
a0063364_013576.jpg


手作りのお雛様
a0063364_021268.jpg


格子戸の向こうに見えるお雛様
a0063364_042071.jpg


中をのぞいてみますと
紙でできた甲冑までありました。
a0063364_0559.jpg


桟敷窓があるお宅では窓からのぞくとお雛様が見えるようになっています。
普通他人の家の中をのぞくのはいけないことですが、ここではひな祭りの時だけは良いようですね。
むしろ見てくださいと言う感じでした。
a0063364_06138.jpg


次回につづく
[PR]
by andrzej11 | 2009-02-21 23:55 | 近江路

2009年1月25日(日) 多賀大社

 多賀大社へ行きました。

多賀大社鳥居前の絵馬通り
a0063364_19585035.jpg


雪が乗ったおみくじ
a0063364_20143133.jpg


屋根に少し雪が残る多賀大社
a0063364_2031865.jpg


この神社は鎮守の森が立派です。
a0063364_20335930.jpg


多賀大社裏に、金咲稲荷神社があります。
金が咲く…商売繁盛かあ・・・
a0063364_2044094.jpg


金咲稲荷神社の鳥居
a0063364_2053841.jpg


お稲荷さんらしい・・・
a0063364_2062119.jpg

a0063364_2065183.jpg


小雪がちらつく彦根市内
a0063364_2074059.jpg


近江鉄道(その電車は使われてなく放置状態)
a0063364_208372.jpg


彦根城近くの護国神社前
a0063364_20125687.jpg


彦根城
a0063364_20151380.jpg


キャッスルロード
a0063364_2015415.jpg


雪で見えない信号機!
いったい、赤なのか青なのか!?
a0063364_20163584.jpg


赤だ~!ストップ!
おおこわ!
a0063364_20165640.jpg




a0063364_20295871.gif
おいらたちはお留守番でした。
a0063364_20212957.jpg


あんまり寒くないわ。
a0063364_20215588.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2009-01-25 20:31 | 近江路

2008年11月6日(木) 多景島

 先月、琵琶湖の多景島(たけしま)に行きました。
多景島は彦根港から観光船で二十分ほどで着く小さな島です。
見る方角によって形が変わることから、多景島と言うそうです。

彦根港です。
竹生島から帰ってきた船が入港しようとしています。
a0063364_22403016.jpg


竹生島見物を済ませたお客さんが降りると、この船は今度は多景島に向かいます。
a0063364_22444281.jpg


船に乗り込んで、多景島へ出港!
海上自衛隊の軍艦の出港みたいな行進曲が流れます。
小さな船で、しかも二十分足らずで着くのに、なんと大げさな・・・と思いながらも出港はどこかロマンチック・・・
a0063364_22542766.jpg


どんどん遠ざかる彦根港。
a0063364_22565970.jpg


船から仰ぐ彦根城。手前の資材館の看板が目ざわり。
a0063364_233448.jpg


湖面は風もなく静かで、船はスピードをあげて前進。
a0063364_2352765.jpg


あっという間に多景島が近付いてきました。
a0063364_237534.jpg


多景島の船着場
a0063364_2310453.jpg


さて上陸です。降りてすぐ急な坂を登って行きます。
もともと岩の島なので勾配が急なのです。
江戸時代に彦根の荒神山から土を運んで来て木を植え、茂るようになったそうです。
a0063364_23144557.jpg


350年前に建てられた見塔寺
a0063364_2316914.jpg


お寺には島の手書きの案内図が置いてありました。
弥生時代から、島そのものが御神体として尊重されてきた聖域だとあります。
a0063364_23165135.jpg


高くそびえる五角の柱は大正時代に建てられた「誓いの御柱」
それぞれの面に「明治天皇の五カ条の御誓文」が書かれています。
a0063364_2322247.jpg


下は断崖絶壁
a0063364_23255240.jpg


島から彦根方面を望む
a0063364_2327316.jpg


島は起伏に富み、小道がたくさんあって、端から端まで巡ることができます。
島の後ろの方には行けなかった竹生島より面白かったですね。
a0063364_2330472.jpg


日蓮上人の像
a0063364_2331017.jpg


日蓮上人の像の横に巨大な岩があり、「南無妙法蓮華経」と言う文字が彫られています。
a0063364_23324538.jpg


この岩は高さが10メートルあり「題目岩」と呼ばれています。
日靖というお坊さんが命綱につかまりながら、三年がかりで彫ったそうです。
a0063364_23404657.jpg


この岩山を上ると島のはしっこの小さな神社に出ます。
a0063364_23445917.jpg


島のはしっこのミニ神社
a0063364_23455243.jpg


小さい島ですが、無人島ではないようで?お寺の住職さんと奥さんがここに住んでいるようでした。若いかわいい女性が土産物を売っていましたが、住職さんの奥さんかな?
a0063364_23512260.jpg


船が出るまで、たった三十分の上陸ですが、狭いので全島周ることができました。
a0063364_23473924.jpg


帰りは島の反対側をぐるりと回って走行してくれました。
島が見る方向により様々な形に変化するのが分かります。
a0063364_2349077.jpg


本当に美しい島だと思います。
a0063364_23492569.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-11-06 23:54 | 近江路

2008年10月31日(金) ゆるキャラまつりin彦根3

 ゆるキャラまつりのつづきです。

「源氏物語千年紀in湖都大津」のマスコットキャラクター「おおつ光ルくん」も来ていました。
 
a0063364_2301212.jpg


おおつ光ルくんとは、8月に石山寺でも会いました。
「光ルくん、ひさしぶりやね」と声をかけました。中に入っている人間は多分違う人だろうけど・・・
a0063364_2323919.jpg


光ルくんの後姿にはどこか哀愁がただよっています・・・?
a0063364_2351248.jpg


おとぼけフェイスの光ルくんはなかなかの人気者。
a0063364_23115658.jpg


やかましく歌い踊るのは、大阪でんでんタウンのマスコット。コンセントの「でんのすけ」
コンセントねえ・・・・ちょっとださい感じ・・・
a0063364_23104021.jpg


京都国際マンガミュージアムのオリジナルマスコット「マミュー」はメイド服の女性にエスコートされて登場。頭の上についているのはペン先。マンガを描くためのペンらしい。
a0063364_23141813.jpg


「たべるの だいすき たかはまっこ」
愛知県高浜市の子供食育推進のマスコットキャラクター「カワラッキー」
食パンなのだろうか?・・・・・
a0063364_2316112.jpg


信楽のたぬきさん。かわいいなあ、女の子かしら?
a0063364_23191271.jpg


いいえ、男の子です。立派な袋を持ってます。
a0063364_23202892.jpg


岐阜県多治見の「うながっぱ」。これがかっぱねえ・・・・
a0063364_23222232.jpg


横浜開港催しのキャラクター。名前は分かりません。
船に乗った大豆?横浜ってもっとスマートな印象なんですけど・・・・
よく分からないキャラクターです。
a0063364_23284695.jpg


静岡の「あおいくん」
女の子にもてちゃって・・・かわいくなくて緑一色なのになぜもてる?
a0063364_08136.jpg



福井県小浜の「さばトラななちゃん」
オバマ氏、じゃなかった小浜市はさばで有名だそうです。
猫ちゃんの着ぐるみは人気です。
a0063364_23245856.jpg



彦根では、人気者ひこにゃんに負けじとたくさん仲間が生まれているようで、
よく分からないキャラクターが大勢います。
これは彦根のビバッチェ。ヌートリアかと思ったらビーバーだそうで・・・
a0063364_23321134.jpg


韓国の帽子をかぶったトラにゃん(だったっけ?違ってたらごめんなさい)
彦根市キャッスルロードの横の四番町スクエアの着ぐるみだと思います。
a0063364_2326191.jpg


これは「ひこちゅう」.近江の甲賀忍者がモデルらしい。紫ずきんがおしゃれ。
a0063364_23341025.jpg


井伊直弼の次女弥千代姫がモデルの「やちにゃん」
彦根周辺では人気です。
全身像が写せなかったのは残念!
a0063364_23465462.jpg


我が家に「やちにゃん」のぬいぐるみがあるので、これで見てください。
ほっぺの井は、井伊家の井!まさしきゆるキャラですね。
a0063364_06276.jpg



この日会えなかったけれど、彦根にはまだ「いしだみつにゃん」「しまさこにゃん」などがいます。
そうそう、「ひこにゃん」にも会えませんでした。(お城で会ったことがあります)


売店にこんなイラストが掲げてありました。
「あけにゃん」は明智光秀?暗くて情けない表情です。
がもにゃんは蒲生氏里?これも気弱そうですが・・・
a0063364_2337264.jpg


キャラクターグッズもたくさん販売されていました。
a0063364_0312823.jpg


子供より大人が着ぐるみに夢中で、必死でカメラを向けています・・・・
a0063364_23593672.jpg

皆さん、そんなに着ぐるみの写真ばっかり撮ってどうするの?
a0063364_028149.jpg

着ぐるみの催しで、なぜこんな騒ぎになるのだろうか?
a0063364_0302962.jpg

そして私もこんなにブログに着ぐるみ写真ばかりアップしているのはなぜ?
一億総幼児化でしょうか?




ジロと花のハローウィンの姿をもう一度撮りました。
二匹とも固まっています。
a0063364_0125574.jpg


一分後、はずしてやると、
「ああ~ほっとしたわ!クリスマスには絶対に着ないわよ!」(花)
「どうせまたトナカイの角をつけられるさ」(ジロ)
a0063364_0143425.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-10-31 23:56 | 近江路

2008年10月9日(木) ブルーメの丘つづき

 滋賀農業公園、ブルーメの丘のつづきです。

 奥の方はとても広くなっています。

 コスモスの花が五分咲きでした。
a0063364_23365299.jpg


ドイツ風の建物が並んでいます。
a0063364_23373039.jpg


クマの噴水(水は出てません)のある場所。
a0063364_2339560.jpg


青空とクマさん
a0063364_23403133.jpg


FM放送の中継車が入り、二人の若者がディスクジョッキーをやってました。
a0063364_2344351.jpg


放送はブルーメの丘の全地域で聞こえ、とてもやかましかったです。
a0063364_23445563.jpg


パン焼き釜でパンを焼きます。
焼きたてのパンが販売されています。
a0063364_23454817.jpg


中央のお花の広場には、怖い像が・・・
頭でっかちの中年のおばちゃんが裸で座っている像・・・
なんだこれ?
a0063364_23493174.jpg


牧場のラベンダー
a0063364_2353878.jpg

ラベンダーの花
a0063364_23534076.jpg


牧場の道
a0063364_23542747.jpg


さわやかです。
a0063364_02620100.jpg


ひつじさん
a0063364_23544844.jpg


牛舎の牛さんたち(ジャージー牛乳の乳牛)
においは強烈
a0063364_2358176.jpg


馬もいます。(乗馬もできます)
a0063364_23585968.jpg


園内ではゴムタイヤのチューチュートレインが走っています。
a0063364_23594695.jpg


池の端を行くチューチュートレイン
a0063364_005615.jpg


おもしろ自転車乗り場。
a0063364_012559.jpg


園内での乗り物や遊びはずべて有料です。
とても気持ちの良い場所で楽しめました。
[PR]
by andrzej11 | 2008-10-09 23:55 | 近江路

2008年10月7日(火) ブルーメの丘 

 先日、滋賀県日野町にある滋賀農業公園、ブルーメの丘に行きました。

日野町周辺ではコスモスが満開です。(五分咲きのところもあります。ブルーメの丘では五分咲き)
 
a0063364_23512558.jpg


ブルーメの丘に着きました。
ドイツ風の建物の入り口が見えます。
a0063364_2353180.jpg


橋を渡って入口に着くと・・・建物はドイツ風ですが、手前のテントにはスダレがかけられ、栗や山菜納豆が売られていてやはり日本です。
a0063364_23541852.jpg


入口を入ったところ
a0063364_06373.jpg


ドイツっぽい建物が立っていますが・・・ちょっとちゃっちい・・・
a0063364_2355671.jpg


グリーンが美しく(もっとも日野町だって緑に囲まれてますが)欧風な雰囲気。
a0063364_2356323.jpg


秋の青空です。
a0063364_015368.jpg


中欧などでよく見られる、広場の噴水と石造りの像(のつもりらしい)
a0063364_23594384.jpg


女性の像。
a0063364_00895.jpg


その車はフランクフルトソーセージを売っていました。
a0063364_02753.jpg


にぎわう広場周辺
a0063364_034330.jpg


奥の牧場や遊園地の様子は次回につづく


おいらたちはお留守番でした。ブルーメの丘はペットは入れません。
a0063364_093733.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-10-07 23:56 | 近江路

2008年8月10日 三井寺

 前回書いた石山寺の後に、三井寺へ行きました。

京阪石山寺駅から三井寺までまた、京阪電車に乗車。
この車両はグリーンのツートンカラーで京阪電車本来の色。
a0063364_1482859.jpg


この路線は、一般道も走ります。
a0063364_149118.jpg


三井寺駅を降りて、お寺まで十分ほど歩きます。
道と平行に、琵琶湖第一疎水が流れていました。
a0063364_1417415.jpg


疎水は長等山(三井寺がある)で暗渠に入ります。
ギリシャ神殿型のトンネル入り口?
a0063364_141965.jpg


私は子供のころから、暗渠、トンネルがとても怖いのです。
それと水が怖くて、未だに泳げません。前世では溺れて死んだのではと?
実はこの写真も見ているだけで怖いです。
a0063364_14212828.jpg


まず、三井寺の近くの三尾神社(もともとは神仏混合で三井寺に所属)に参拝。
うさぎの神社で、卯年生まれの守護神だそうです。
a0063364_1426341.jpg


ちょうちんにも兎の絵が・・・
a0063364_14264137.jpg


卯年の方におすすめ神社
a0063364_14283567.jpg


また、安産、縁結びに霊験あらたかだそうです。(卯年限定かも?)
a0063364_1430087.jpg


三井寺の山門
a0063364_1431345.jpg


木が茂っていて、いかにも涼しげですが、暑いのなんのって・・・。
それでも木陰はまだましなので、ただただ影を求めて汗を拭きながら、ふーふー歩いていました。首に巻きつけている手拭いは汗でびっしょり。しぼれそうでした。
a0063364_14322049.jpg


三重塔
a0063364_14334977.jpg


かわいいお地蔵さん
a0063364_14361096.jpg


高台にある観月舞台へ上りました。
a0063364_14381119.jpg


観月舞台にある観音堂
a0063364_1435080.jpg


そこからは、琵琶湖対岸まで見渡せます。
風車やヨットが見えますね。
a0063364_14354090.jpg


暑かったけれど、とても楽しい石山寺・三井寺見物でした。


a0063364_1441064.gif


おいらたちはお留守番でしたが、暑そうなので行きたくないです・・・
a0063364_14445625.jpg


川で涼んでいるのが好きよ(花)
a0063364_14462729.jpg


おいらは水風呂が一番(ジロ)
a0063364_14465544.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-08-10 14:48 | 近江路

2008年8月3日(日) 石山寺

 暑い日に滋賀県大津の石山寺へ行きました。

 これはJR石山駅。
a0063364_1134546.jpg


JR石山駅で、京阪電車に乗り換えます。
京阪石山駅に入ると、坂本方面行の電車が停まっていました。
車両一面に、石山寺で今開かれている、「源氏物語千年紀」の宣伝が描かれています。
a0063364_11355218.jpg


われわれが乗る石山寺行き電車は機関車トーマスの絵が描かれていました。
a0063364_11391830.jpg


京阪電車に機関車トーマスらの絵・・・・
a0063364_1141690.jpg


さて、京阪石山寺駅から石山寺まで、徒歩で十分ほどかかります。
すぐ横に瀬田川が流れており、蒸気船風?に仕立てた観光船やカヌーが行き交っていました。
a0063364_11432087.jpg


36度はありそうな猛暑の中、石山寺東大門に到着。
a0063364_1144536.jpg


そこには、なんと、源氏物語千年紀マスコットキャラクターの「おおつ光ルくん」が・・・
か、かわいい!
ひこにゃんにも負けないぞ!
ちなみに、この光ルくんは、光源氏の元服の歳だそうですが・・・
a0063364_1154892.jpg


しかし、このくそ暑い中、こんなものをかぶっているた中の人は倒れてしまわないのだろうか??なんて心配する私は夢がない?
a0063364_11492338.jpg


おおつ光ルくんの登場は一日に数回で、出番は三十分ほどだそうです。
一日中あの恰好じゃ持たないでしょう。
ひこにゃんほど知名度はありませんが、お客さんはけっこう喜んでいました。
a0063364_1150547.jpg


中に入ると、イベント期間中なので、こんな風になっていました。
a0063364_11563260.jpg

a0063364_13315973.jpg


世尊院では、映画「千年の恋 ひかる源氏物語」衣裳展をやっていました。

これは紫式部役の吉永小百合が着た十二単
なるほど紫色です。
a0063364_1363419.jpg


紫の上(常盤貴子)、光源氏(天海祐希)の衣装
a0063364_1381923.jpg


希望者に十二単を着せてくれるコーナーもありましたが・・・
あまりの暑さに誰も着たがっていませんでした。
a0063364_1311569.jpg


次は密蔵院に入りました。
a0063364_13144279.jpg


密蔵院では、「未来千年間」と称して、ロボットクリエーター高橋智隆さんの作ったロボットが展示。
a0063364_1315247.jpg


これが紫式部のロボット「MURASAKI」は七月末に誕生したばかり!
a0063364_1317197.jpg


ロボットクリエーターの、高橋t智隆さんはなかなかのイケメン。
紫式部ロボットより、こちらに注目?
a0063364_13184317.jpg


紫式部ロボット、スイッチが入ると、動きまわり、目が不気味に青く光ります。また、おしゃべりもします。(録音してあることをしゃべるだけですが)。しゃべる時は口元が赤く光ります。
a0063364_13303315.jpg


扇子も飛び出る不思議な手!?
a0063364_13222847.jpg


もう一つのロボット登場!!
a0063364_13241642.jpg


この子は、
寝転がった状態から一人で起き上がり、色々なポーズをとります。
a0063364_13245955.jpg


あらよっと!
a0063364_13252395.jpg


本当によくできた、面白いロボットでした。
高橋さんの今後の活躍が楽しみですね。

石山寺、次回につづく
[PR]
by andrzej11 | 2008-08-03 13:38 | 近江路

2008年5月10日 マキノ方面ドライブ

 琵琶湖湖西のマキノ方面へ行った時の写真を紹介しましょう。
 しんあさひ風車村へもこのとき立ち寄りました。

 車の窓からは沿道を行く人々が楽しめました。

これは遠足の群れ。そろいの黄色い帽子と体操服の小学生たち。
a0063364_2315910.jpg


風を切って走るサイクリングの人たち
a0063364_231682.jpg


ボーイスカウトらしい自転車の隊列
a0063364_23171092.jpg


これは海津大崎付近で、左側の木は皆サクラです。
四月のサクラの時期だったら満開のサクラ並木です。
a0063364_23174063.jpg


休憩する一団。汗をぬぐい風にあたって気持ちいい!
a0063364_23321998.jpg


どこへ行っても必ずいる、バイクツーリングの人ら。
ハーレー・ダヴィッドソンをよく見ました。
どどどど・・・と得意げに轟音撒き散らして人々の注目を浴びて去っていく彼ら。
a0063364_23224916.jpg


海津大崎付近の湖岸で遊びました。
あたいは水が大好き(花)
a0063364_23343491.jpg


おいら、ここでもお腹をつけました。(ジロ)
a0063364_23351333.jpg


竹生島を彼方に望む
a0063364_23354844.jpg


さて、マキノ高原付近に素晴らしいメタセコイアの並木道があります。
延長2・4キロに渡ってメタセコイアが500本植わっています。
a0063364_23241556.jpg

a0063364_23244989.jpg


冬ソナみたいだとも言われますが・・・
冬になると雪が積もってきれいだそうです。
a0063364_2346687.jpg


ジロと並木道
a0063364_23335820.jpg


並木道の中間地点にあるピッグランドで休憩しました。
a0063364_23405470.jpg


ピッグランドはオートキャンプ場、レストラン、公園などがあります。
a0063364_234208.jpg


駐車場になぜか同じ種類の車が・・・
何なんでしょうね?
a0063364_23431422.jpg


また連れて来てね。
a0063364_23423169.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-05-10 23:47 | 近江路


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧