カテゴリ:近江路( 66 )

2008年5月6日(火) シャクナゲの群生

 先日、滋賀県蒲生郡日野町、鎌掛(かいがけ)の、ホンシャクナゲ群落を見物に行きました。
 
 入り口に着くと、売店がありました。グリーンの上着を着ているのは、地元のガイド?。
たくさんのガイドが駐車場の誘導をしたり、説明したり案内していました。町おこしなのか?
a0063364_22174311.jpg


ここから、近江鉄道のバスが群生地付近まで無料運行をしています。
シャクナゲの期間限定の運行のようです。
ちょっと古そうなバス。柄は西武グループカラーですね。
a0063364_22215320.jpg


しかしわんちゃん連れの我々は、バスには乗れません。
a0063364_22252371.jpg


バス道路の脇に、群生地に続く遊歩道があります。
a0063364_22301465.jpg


この遊歩道が新緑で素晴らしかった!バスなんかに乗ったらいけません。
a0063364_2224890.jpg


遊歩道のところどころにシャクナゲが・・・
a0063364_22311919.jpg


遊歩道のシャクナゲとジロ
離れて写すと、色が飛んでしまって、何の花か分かりませんね。
a0063364_22314248.jpg


本当に美しい淡いグリーンの世界!
ココへ来て本当に良かったと思いました。
a0063364_22355851.jpg


この森の中には小川が流れ、何本も小さな橋がかかっています。これを渡るのも楽しい。
a0063364_22372437.jpg


橋をとことこ渡るジロと花
a0063364_22412550.jpg


ところが、花は何回も橋から落ちました。
あわてもので、ジロを抜かそうとするからでしょうか?
落ちた後の写真です。
a0063364_22392745.jpg


どっこいしょと、よじ登る花
a0063364_22401813.jpg


これは別の橋で、落ちる瞬間を偶然撮影!
宙吊りになり、川の中にどっぷりつかってしまいました。
a0063364_22424328.jpg


そんなに深くないのでまったく無事でした。
a0063364_22441385.jpg


遊歩道を三十分ほど歩いて、しゃくなげ池に到着。群生地まではここからさらに歩きますが、ここで少し休憩。
a0063364_22493624.jpg


新緑の淡い若草色と、池の深い緑色が美しい。
a0063364_22471439.jpg


水面に写る木々
a0063364_22481117.jpg


池のそばでのジロと花
a0063364_2259567.jpg


池のそばに古い石柱が立っていました。
この石柱を通り越して遊歩道をさらに進むと・・・
a0063364_23253610.jpg


やっとシャクナゲ渓に到着。
谷一面にシャクナゲの花が・・・
a0063364_2325847.jpg


やはり自然に群生するシャクナゲは迫力あります。
a0063364_2304594.jpg


アップ写真
a0063364_2365149.jpg


「おおお、すごい!」ジロと花も感激?
a0063364_2382576.jpg


帰り道、遊歩道健脚コースを歩きました。
遠くにヤマザクラがまだ咲いているのを発見。
a0063364_2394641.jpg


新緑が目にしみ、満喫できました。
a0063364_23103240.jpg



今回の鎌掛のシャクナゲ群生は、好好爺さんのブログぶらり旅に載っていた「ほんしゃくなげの群落・鎌掛」によって初めて知り、さっそく出かけました。
好好爺さん、本当にありがとうございました。おかげさまで素晴らしいシャクナゲ群生と美しい新緑を思う存分味わうことができました。感謝です。
a0063364_23275124.jpg


今回はあたいたちもお留守番じゃなくて、いっしょに行けてうれしかったワン。
でもはしゃぎすぎて、橋から落ちてしまったみたい。(花)
[PR]
by andrzej11 | 2008-05-06 23:28 | 近江路

2008年4月13日(日) 彦根城の桜

彦根城の桜は満開でした。
今回はお城には入らず、外から見ただけですが充分、満喫できました。
a0063364_2233410.jpg


桜の時の姿はより美しい。
a0063364_2234363.jpg


枝垂れ桜と彦根城。
a0063364_22372059.jpg



お堀のサクラ
a0063364_22381685.jpg


お堀と向こうの森とサクラ
a0063364_2239527.jpg


屋形船が出ていました。
a0063364_2240343.jpg


県立滋賀大学側のお堀
a0063364_22415271.jpg


花見客
a0063364_22422383.jpg


キャッスルロード
a0063364_2243452.jpg


バイクのツーリンググループがドドドっと通過。
足を広げ、手を広げて乗るタイプ。しんどくないのだろうか?
a0063364_22444922.jpg


これもバイクツーリングの群れ
a0063364_22453610.jpg


輪タク
a0063364_22461165.jpg


何回もこのあたりをぐるぐる回っていた、北海道からのミルク販売車。札幌ナンバーでした。
ヨーデルソングをやかましく流していました。売れたのかなあ?
a0063364_22473844.jpg




ジロと花の写真です。
おいらは花より団子が好きだな。
a0063364_22534712.jpg


ユキヤナギが咲いて花盛りよ。あたいも花盛り!
a0063364_22542275.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-04-13 22:55 | 近江路

2008年4月12日(土) 井伊神社の枝垂れ桜

 井伊神社(彦根市)の枝垂れ桜を見に行きました。
a0063364_2349297.jpg


二週間前に見に来た時は、梅が満開でしたが、
a0063364_23503464.jpg


枝垂れ桜はつぼみでした。
a0063364_23513254.jpg


今日は満開!
a0063364_2352524.jpg


古木の枝垂れ桜で立派です。
a0063364_23525999.jpg


巨大な傘を広げたような形をしています。
一本の木なんですよ。大きいでしょう?
さんさんと花と木のパワーが降り注ぐ感じ。
a0063364_23534034.jpg


とてもご利益ありそうな桜です。
a0063364_23543944.jpg


これは近くにある八重の枝垂れ。まだ若くて小さい木ですが、エネルギーに満ち溢れています。
後ろに見えるのが、先の枝垂れ。
a0063364_23554296.jpg


井伊神社参道。手前の桜はソメイヨシノ。
a0063364_2359562.jpg


神社が修理中なのかこんな状態なのがちょっと。
a0063364_23595356.jpg


ジロと花の写真です。
あたいはひなたぼっこでリラックス!(花)
a0063364_025187.jpg


おいらもガムをかみながらひなたぼっこ(ジロ)
a0063364_032320.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-04-12 23:57 | 近江路

2008年4月1日(火) ひこにゃん見物

彦根城のつづきです。
a0063364_16253596.jpg


彦根城でひこにゃんを見ることにしました。ひこにゃんは、昨年開かれた彦根築城400年祭のマスコットで開催が終わってからも人気は続いています。
さてそのひこにゃんですが、
晴天なら彦根城天守閣前、雨天ならお城入り口の彦根城博物館の中に、登場します。(土、日、祝日のみ)
その日は雨だったので、博物館内でありました。
a0063364_16161699.jpg


博物館に入ると、ずらりと人が並んでいました。
ハリボテの着ぐるみを見るだけのための長蛇の行列が・・・
a0063364_16165634.jpg


何分か待たされて、会場の扉が開くと、見終わった人たちがどっと出てきて、行列を見て驚いていました。「えええ?なにこの行列は!?」

我々が入るとあっという間に中は満員!それも子供よりいい大人ばかり・・・
a0063364_1623534.jpg


みんなデジカメ、携帯カメラを準備して待っています。
ひこにゃんの出番は混んでいるのでたった五分との説明がありました。
a0063364_16284825.jpg


扉が開いて、ひこにゃん登場!
顔がでかいので横向きでしか通れません。
a0063364_16294054.jpg


ひこにゃんが無言でごあいさつ。
「かわいい!」「ひこにゃ~ん」の歓声が・・・
a0063364_16303232.jpg


ひこにゃん、中央の掲示板?の後ろに隠れて、いないないばあ
a0063364_16314365.jpg


今度はあっちから、ばあ!なかなか全身を見せてくれません。
a0063364_16321654.jpg


その都度、お客さんがいっせいにストロボを焚き、携帯のガシャ、ガシャというシャッター音が響きます。「かわいい!」と黄色い声も飛び交います。
a0063364_16335665.jpg


首についている鈴を回したり、おどけてみせたり、サッカーの真似をしたり・・・してくれました。
a0063364_16364278.jpg

お客さんはちょっとのことで大笑い、かわいいと大喜び。
a0063364_1637676.jpg


ただただかわいいというだけで人気者。
何ともうらやましいやつ!
私などが鈴を回しても、おどけてみせても、誰もかわいいと言ってくれないどころか、冷たいまなざしで引かれるだけよ・・・。
a0063364_16374798.jpg


あっという間に五分が経ち、おしまい!
えええ?たったそれだけ?と言う声もあがりましたが、「もうちょっと見たい」というところで終わるからいいのだと思います。だってそんなに芸がないから、三十分なら見てられないのでは?
a0063364_1640552.jpg


終わり間際に、プレゼントを渡す人がいました。
えええ?だって食べるのは着ぐるみ着てる人でしょう?なんて夢のないことを言う私は野暮か?
a0063364_16425166.jpg


ひこにゃんはプレゼントを辞退せずに喜んでいただきました!
a0063364_16434199.jpg

終わった終わったと退場する客。
a0063364_16441818.jpg

外に出ると次のお客さんが行列して待っていたので思わず「なにこの行列は?」とつぶやいてしまいましたで。

平和な国だとつくづく感心しました。

なお、ひこにゃんは今年の六月から二年近くも開催される「井伊直弼と開国150年祭」のマスコットとして続投されるそうです。
町中どこへ行っても、通りでも店でも、駅でも平和堂でもひこにゃんのイラストがいます。
まさに、彦根を助ける「ひこねのよいにゃんこ」なのです。
a0063364_1713589.jpg

私は基となったイラストひこにゃんより、それを元に作られたハリボテの着ぐるみの方がずっとかわいいと思っているんですが・・・・
公式ひこにゃんイラストはこれ
もちろんかわいいけど・・・
a0063364_1774998.jpg

a0063364_17959.jpg

ハリボテのひこにゃんの方がもっとかわいいような気がします。
a0063364_1712969.jpg

(2007年8月、佐和山城一夜城の催しの餅つき)
[PR]
by andrzej11 | 2008-04-01 17:24 | 近江路

2008年3月28日(金)  余呉湖方面

 先日、余呉湖方面へ行きました。
琵琶湖の横を通ります。
水面から木が生えている?
a0063364_16232216.jpg


向こう側の並木は向こう岸ではなく、水の中から生えています。
上の写真のような感じで。
淡水だからこそでしょうね。海水だとありえない。
a0063364_16241344.jpg


雪をかぶった横山岳方面。きれいです。
風景写真を撮るたびに思うのですが・・・・日本は電線が多い、写すのに誠に邪魔だと言う事。
しかし山奥まで電気を運ぶのに必要です。地下で通すとお金がかかるから仕方ないですね。
a0063364_16291127.jpg


一度登ってみたい。
a0063364_16293852.jpg


春の畑仕事が始まるのでトラクターの出番。
a0063364_1630527.jpg


除雪車は冬までお休みなさい。
a0063364_16314063.jpg


冬は雪が多い木之本町。
a0063364_16335083.jpg


余呉湖から横山岳がよく見えます。
a0063364_1637435.jpg


余呉湖の菜の花
a0063364_1642356.jpg


農家の人たちも忙しくなります。
a0063364_16511889.jpg



もうじき花が咲いたらきれいだろうな・・・
a0063364_1644140.jpg


a0063364_1646548.gif


日の光がきつくなってきたわ・・・(花)
a0063364_16471719.jpg


果報は寝て待て・・・むにゃむにゃ
a0063364_16481316.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-03-28 16:51 | 近江路

2008年3月24日(月) 長浜城つづき

 長浜城のつづきです。
梅のかぐわしいにおいで小さな虫が蜜をすっていました。
a0063364_23351856.jpg


さて、お城の中に入りました。
a0063364_23361853.jpg


城内の歴史博物館で「長浜ゆかりのお雛様と雛道具たち」の展示をやっていましたので見物しました。とっくに雛祭りは終わったと思われる方も多いでしょうが、地方によっては「旧暦に雛人形を飾る」「旧暦の桃の節句まで飾る」風習があります。
この長浜城のお雛様展示は、三月二十三日まででした。

長濱愛児園が所蔵していた雛人形のうちの一式。古今雛形式の雛人形で、明治から大正期に製作されたものだそうです。
a0063364_234075.jpg


御殿雛。
長浜町の商家、四居家に伝来した雛人形。江戸から、明治初期。
御殿付きお雛様は、とてもゴージャスですね。
子供の頃、女の子ばかり三人姉妹の友人の家に御殿雛があってうらやましかったのを憶えています。
お雛様道具も見事でした。すずりや筆までそろっていました。
a0063364_23434366.jpg


彦根藩主、井伊直弼の七女、砂千代の雛人形。
江戸時代後期のものだそうです。
知人のご主人にそっくり。私たちはひそかにそのご主人のことをを「お内裏様」と呼んでいます。
ちなみに奥さんは実にバタ臭い(古い表現)ハーフみたいな顔立ちです。
a0063364_23465817.jpg


冠がよくできていますね。
a0063364_2349847.jpg


お城からの眺めはなかなかいいですよ。
白い山は多分横山岳。右手に金糞山という気の毒な名前の山があります。
なぜそんな名前がついたのか知りたい・・・
a0063364_23493364.jpg


紅梅がきれいですね。
a0063364_2352770.jpg


噴水も見えます。
a0063364_2351882.jpg


噴水からお城を見上げた写真はこれ。
a0063364_23513131.jpg


ジロと花の写真も入れておきましょう。
おやつタイムがうれしいワン!
向こう側が花です。
a0063364_23562931.jpg


いただきまあす!
a0063364_2357849.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-03-24 23:57 | 近江路

2008年3月23日(日) 長浜城の梅

長浜城へ梅を見に行きました。
長浜城まで琵琶湖沿いの道を進みます。
この道の左側は琵琶湖です。
a0063364_1315314.jpg


大仏?さんが立っています。
a0063364_1316068.jpg


はるか彼方に雪をかぶった高い山が見えます。(多分、横山岳)
走る車から撮るので、タイミングが難しく、余計なもの、反射鏡やスノーポール、電柱などが入ってしまう・・・
a0063364_1317670.jpg


今度は望遠で・・・・・また失敗!下手です・・・
a0063364_13182021.jpg


これは伊吹山!もう雪が少なくなっています。
a0063364_1320337.jpg


二月の伊吹山は白かった!
a0063364_13312686.jpg



長浜城豊公園に到着
a0063364_13214380.jpg


長浜城と噴水
a0063364_13374182.jpg


噴水の周囲では子供たちが遊んでいます。
a0063364_13381774.jpg


ダックスフントのお散歩
a0063364_13384153.jpg


赤い梅
a0063364_13394148.jpg


紅白の梅と長浜城
a0063364_1341297.jpg


梅の向こうに琵琶湖の水面が見えます。
a0063364_1344015.jpg


さくらのつぼみもふくらんできています。
a0063364_13455346.jpg



あたいたちはお留守番だったわよ!(左が花)
a0063364_13474211.jpg


おいらは梅より、団子だな!(右のジロ)
a0063364_13485497.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-03-23 13:51 | 近江路

2008年2月7日(木) 多賀大社

 
a0063364_23562598.gif

今日は雪の日・・・・
a0063364_23282495.jpg


貨物列車とすれ違い。
a0063364_2329914.jpg


米原から撮った同じタイプの機関車。パンタグラフが違うけど・・・
a0063364_23491577.jpg


遠くに」比良山系が見えます。手前の山と比良山系の間には琵琶湖があります。
a0063364_23295298.jpg


米原から見た比良山系。真ん中に琵琶湖の湖面が見えます。
a0063364_23315161.jpg


多賀大社に到着!
a0063364_23322314.jpg


絵馬通り
a0063364_23341973.jpg


裏から見ると「笑門」と書かれています。このあたりの家の玄関の上には「笑門」と書かれた絵馬が吊り下がっています。
笑う門には福来たる・・・・いいですね。
a0063364_23351681.jpg


多賀大社正門の鳥居
a0063364_233737100.jpg


この橋は神様が通る橋で人は通ってはいけないそうですが・・・
a0063364_23382996.jpg


おみくじ
叶うといいな、みんなの願い
a0063364_23392893.jpg


多賀大社。屋根に雪が乗っています。
a0063364_2340105.jpg


松には雪よけの縄がはってあります。
a0063364_2347718.jpg


ちびっこも参拝
てんとう虫のリュックがキュート
a0063364_23502243.jpg


多賀大社の前の通り
a0063364_23483214.jpg


これはなんのつもり?(お店の看板?)
a0063364_23584348.jpg

a0063364_23511860.gif


あたいたちはお留守番でした。
a0063364_23551737.jpg


このところ、毎日雪です。
a0063364_23554468.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-02-08 00:01 | 近江路

2008年2月1日(金) 余呉湖つづき

ついこの前、お正月を迎えたと思ったら、もう二月。
早いものです。

さて、余呉湖のつづきです。

湖のそばの町
a0063364_19114716.jpg


吹雪いてきました。
a0063364_19122631.jpg


秋に来たときの余呉湖岸の町
a0063364_1913278.jpg


吹雪の中の人
a0063364_19133789.jpg


雪の上で食べ物を探す?鴨たち
a0063364_19142127.jpg


秋に来た時はこんなでした。
a0063364_1915364.jpg


秋の湖と小船
a0063364_19153721.jpg


しかし今は湖も冷たそう
a0063364_19174950.jpg


鷹かとんび?
a0063364_19181629.jpg


木々に雪は積もってませんが寒々としています。
a0063364_1922288.jpg


秋に来た時はこんなにきれいでした。
a0063364_1924253.jpg


吹雪の中、釣り糸を垂れる人々。冷えないのかなあ・・・
a0063364_19254129.jpg


このあたりの道は雪を溶かすための水が出ます。もっと寒い北海道では、水は即凍るので、こういうことはしないそうですね。
a0063364_19273461.jpg


北陸線のサンダーバード(たぶん)通過
a0063364_19281865.jpg


なつかしい汽車の踏み切り標識
a0063364_19293346.jpg


そりすべり
a0063364_1929531.jpg


元気な写真愛好家たち。雪の景色は良い題材でしょう。
三脚と大型カメラ持って楽しそう。
a0063364_1930218.jpg


あたいたちの山は、雪は少しだけになりました。
また降るかも・・・
a0063364_19325732.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-02-01 19:36 | 近江路

2008年1月29日(火) 雪の余呉湖

 雪の余呉湖へ行きました。

余呉湖へ続く街道を通る
a0063364_23104728.jpg


余呉湖に到着。水面が鏡のようなので、別名鏡湖とも言うそうです。
a0063364_2319482.jpg


秋に来たときの余呉湖
a0063364_23204692.jpg


これは余呉湖観光会館
a0063364_2313254.jpg


秋に来たときの余呉湖観光会館
a0063364_231911.jpg


余呉湖観光会館でいただいた食事。
余呉湖で取れたかわはぎのてんぷら、野菜たっぷりのおつゆなどおいしい。
他に沖縄のソーキそばなどが食べられます。
a0063364_0192031.jpg


雪の余呉湖周辺はモノトーン
a0063364_020740.jpg


賎ヶ岳合戦場への登山口。賎ヶ岳山頂には、合戦の戦跡碑、戦没者の碑などがあるそうです。また左に琵琶湖、右に余呉湖という大パノラマが広がってすばらしい眺望だそうです。
暖かくなったら是非登ってみたいな・・・
a0063364_022151.jpg


でもクマが出るんだ・・・・ここ!
a0063364_0271893.jpg


えらく吹雪いてきました。
a0063364_0275180.jpg


国民宿舎近くのポプラ
a0063364_0542933.jpg


秋に来たときのポプラ
a0063364_0294080.jpg


雪の余呉湖、次回につづく


28日のおいらたち・・・・また雪が降ってます・・・・
a0063364_0334051.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2008-01-29 00:34 | 近江路


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧