カテゴリ:ポーランド関係( 71 )

2010年9月10日(金) トルンの町

ポーランド・ポズナニ市のBさんからトルンの写真が届いたので紹介します。

トルンの町については ここクリック



世界遺産トルンの町の美しい街並み
a0063364_23141170.jpg


古い民家もいいですね。
a0063364_23145391.jpg



古い建物と窓。花のベランダが素敵です。
衛星放送用のパラボラアンテナが見えます。
a0063364_2318950.jpg



道沿いの塀に描かれた絵。
お酒を飲んで酔っ払っているのかな?
a0063364_2321274.jpg


この町が栄えたのは、バルト海への重要な水上交通路であったヴィスワ川に面しているという好立地のおかげだったそうですが・・・
a0063364_23242517.jpg



このヴィスワ河は、雪解け水でよく氾濫するらしい。
a0063364_23275270.jpg



昔、ここまで水が来たという印が残っています。
そのゲートの半分くらいまで水浸しになったようです。
a0063364_23283694.jpg



一番上のラインは、1570年の二月に、10・74メートル、浸水した印。
多くの被害をもたらしたことでしょう。
下のラインも二月、三月で雪溶け氾濫のようですね。
a0063364_23342438.jpg


1891年の三月13日に10メートル近く水があふれたという印。
そこは高台なので、足元数センチくらいの水かさでしょう。
被害は甚大で後始末が大変だったことでしょう。
a0063364_23373268.jpg



段々に水位が書かれていますね。
a0063364_23424733.jpg



普段は穏やかで美しいヴィスワ河
a0063364_2348390.jpg



なんだあの丸いのは?!
a0063364_23435642.jpg



ヴィスワ河沿いで、気球に乗ってみませんか?
a0063364_23444338.jpg



楽しそうですね。
a0063364_23455234.jpg



「おいら、連れてってもらえなかったにゃん」Bさんの愛猫スセウくん。
a0063364_23502742.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2010-09-10 23:51 | ポーランド関係

2010年8月29日(日) プシブロジンの列車

 ポーランド・ポズナニ市のBさんから写真が送ってきたので紹介します。

 去年に引き続き、Bさんはプシブロジンという所で、バカンスを楽しんだようです。


木の葉の向こうに見える森林地帯。草原、平原の国ですね。
a0063364_22392151.jpg


湖でウィンドサーフィンを楽しむ人々
a0063364_2241364.jpg



森の前の小道とマリア様の像
飾り付けが素朴でいいですね。
a0063364_22425772.jpg



北国では秋の訪れは早い。
もう赤とんぼがいます。
a0063364_22443031.jpg



別荘の前に停車するのはトヨタのRV車。Bさんちの車ではありません。
a0063364_2246326.jpg




さて、この町には素朴な列車が走っています。

ぬかるんだ土の上にレールが二本。
枕木もバラストもありません。大丈夫なの?メンテナンスしてるのかな?
a0063364_22465223.jpg



ディーゼル機関車と客車。
いずこも同じ列車の写真を写す子供がいます。
a0063364_22484552.jpg



草原に停車している列車。プラットホームもないし垣根もない。
ゆっくり走るんでしょうね。
a0063364_22494891.jpg


車内の様子
長時間座れる椅子ではないので、短時間の観光用でしょうね。
車幅も欧州の大きな車両よりずっと小さい。
a0063364_2254852.jpg


連結部分は、貫通ホロがないので走行中に歩くのは危険。
a0063364_22544690.jpg


でもとっても楽しそうなのんびりした観光列車ですね。
[PR]
by andrzej11 | 2010-08-29 23:00 | ポーランド関係

2010年8月20日(金) グニェズノ

 ポーランド、ポズナニ市の友人Bさんから写真が届いたので紹介します。

 ポズナニ市の近郊にあるグニェズノという町の大聖堂の写真が届きました。

これが十世紀に建てられたグニェズノ大聖堂
a0063364_23135463.jpg


この大聖堂の塔まで登れます。
塔の部分は、鳥かごのように、上まで柵が覆ってます。飛び降り自殺防止のためか?
a0063364_23174447.jpg




上からの眺めは素晴らしいですね。
古くて美しい街です。
a0063364_23193385.jpg



遠くまで平地で山が見えません。やはり平原の国、ポーランド。
a0063364_2321499.jpg



登った塔を下から見ると・・・
a0063364_23243614.jpg



塔の時計を動かす装置。
a0063364_23253325.jpg


この大聖堂で、ギターコンサートがありました。
お客さんがどっさり集まってます。
a0063364_2327275.jpg



お客さんの中に、ポーランドのえらいお坊様、コヴァルチク大司教が来ておられました。
黒い衣装に赤紫色の縦長の帯?のお方が大司教様。
a0063364_23321523.jpg


演奏が始まりました。ギターのコンサートって聞いたんですけど・・・ギタリストはどこ?
a0063364_2349172.jpg


ごあいさつの時に、立ち上がったので見えました。
あらら、イケメンのお兄さんだ。
a0063364_2351492.jpg



大聖堂に祭られている、聖アダルべルドの聖遺物。横から見たところですが。
a0063364_2353494.jpg


従者が聖アダルベルドの棺を運んでいるのかな?
立派な殉教者のようです。
(ウィキペディアより)聖アダルベルド→
プラハの聖アダルベルト (ドイツ語:Adalbert von Prag、チェコ語:Svatý Vojtěch、ポーランド語:Święty Wojciech、956年 - 997年4月23日)は、プラハ司教。バルト海沿岸の古プルーセン人に布教している最中、殉教した。チェコ語での読みはヴォイテク、ポーランド語の読みはヴォイチェフ。後にカトリック教会で聖人とされ、ボヘミア、ポーランド、ハンガリー、プロイセンの守護聖人とされた。
a0063364_2355146.jpg


荘厳で立派な教会です。
a0063364_23564610.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2010-08-20 23:58 | ポーランド関係

2010年7月28日(水)  古い鉄道橋梁

 ポーランド・ポズナニ市に住むBさんからの写真です。

ブィドゴシチ近くのブシコヴォの鉄道橋梁の写真です。
道路から見えるアーチ形の橋梁。
1909年に建設されたということですから、かれこれ100年以上も経っているいるんですね。すごいな!
a0063364_23485750.jpg


上の写真のアップ。
かなり高いですね。目測で30メートルだそうですが・・・
a0063364_23533385.jpg


美しいアーチ形。
碓氷峠の第三橋梁、通称めがね橋を思い起こしました。

a0063364_23542423.jpg



100年前にできたんですね!
a0063364_2355355.jpg


今も鉄道橋として現役なのかな?
a0063364_23571353.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2010-07-28 23:57 | ポーランド関係

2010年7月4日(日)ビーグルのソーニャ

 windous7、だんだん慣れてきましたが、まだ使い勝手がよく分かりません。
 うちの7は、デスクトップです。横長画面で以前の機種より横に長いです。
 そして映像が画面いっぱいに表示されて、以前より大きいんです。そういう設定になっているみたいで?


 これはwindous7からの初の投稿です。7でやっと写真を縮小できるようになりました。
 それまで(XPとVISTA)ソニーのvaioを使っていたので、写真のサイズ変更などがとてもやりやすかったんですが、今度のは富士通なので少し違うようです。まあそんなことはともかく・・・

 先日、ポーランド・ポズナニ市のBさんから、写真が送ってきましたので紹介します。
 
 Bさんのご近所わんこ、ソーニャちゃん(名前からしてたぶん女の子)です。
周囲の景色がきれいでいいですね。
a0063364_23363989.jpg



やや太り気味ですね。
土の道がいいなあ。(フンを埋めることができる)
a0063364_23441522.jpg


ビーグルはどこでもビーグル。日本にもたくさんいますが、そっくりです。(当たり前)
a0063364_23474476.jpg


気持ちよさそうな草の上で。
a0063364_2351749.jpg


次はBさんの知人の家の様子。
この写真だけ見たらどこの国か分からないんですけど。日本の家ですって言っても別におかしくないですが・・・。
a0063364_235287.jpg



この暖炉みたいな煙突のある焼き器は、日本にはあまりありません。
やはりポーランドですね。
パンを焼いているのだろうか?
a0063364_23555431.jpg


庭でバーベキューでもするのかな?
楽しそう。
a0063364_005895.jpg



この家の人はガーデニングが好きなようです。
a0063364_014467.jpg


ガーベラかな?
a0063364_02262.jpg



夜も庭で楽しめるようになっています。
でも夜だと蚊にさされないのかな?金チョーリキッドや、蚊取り線香みたいなのがあるのかな?
でもとても素敵な庭だと思います。
a0063364_034642.jpg


a0063364_04404.gif

[PR]
by andrzej11 | 2010-07-04 23:58 | ポーランド関係

2010年6月2日(水) ポーランド大洪水

 先月のなかばごろから、ポーランドは豪雨の後、河川の水があふれ、洪水で大変なようです。
 ひどいのは南部で、友人Bさんの住むポズナニ市方面はまだましだそうです。

 五月三十日にBさんの娘さんらが写したポズナニ市を流れるヴァルタ河の写真が送られてきました。

ヴァルタ河は日本で言うなら一級河川くらいの大きな河のようです。
a0063364_23514975.jpg



ふだんのこの河の様子を知らないので、これがいつもよりどれくらい量が増えているのか分からないのですが・・・・
a0063364_2354852.jpg



岸の木々の根元が水に浸かっているので、いつもより数メートル水位が上がっているのだと推定できます。
a0063364_23552730.jpg



河桟敷の道も水に浸かっています。
a0063364_2356196.jpg



ボートハウスらしき建物の前に土嚢が積まれているのが見えます。
ここは危なそう。えらいこっちゃ。
a0063364_23571382.jpg



早く回復しますように。
a0063364_23581959.jpg



ポーランドの洪水についての動画をどうぞ。
首都ワルシャワを流れるビスワ河のようす。
ココクリック

これは南部のクラクフ地方の様子。水が怖いのは日本でも同じ。本当に大変なことですね。
ココクリック
救急車(たぶん)のサイレンは日本のと似ている。ドップラー効果で音程が変わるのも同じ、(あたりまえですが)
a0063364_044197.gif


ジロと花は元気です。
ジロちゃん、あそぼ!(誘う花)
a0063364_03539.jpg



でへへと笑うジロ(左)
a0063364_04146.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2010-06-02 23:57 | ポーランド関係

2010年5月13日(木) チューリップ満開

 ポーランド・ポズナニ市のBさんから写真が届いたので紹介します。

 ポーランドでは、チューリップの季節です。

新緑美しい五月、町中で花を売っている店が多いようです。
a0063364_23193644.jpg



売られているたくさんのチューリップ
a0063364_23202190.jpg



 Bさんたちは、パームハウス(シュロハウス)と言う温室植物園みたいな所に入りました。
そこも、オランダからのチューリップなどが展示されていました。
a0063364_23222855.jpg



シュロの木や南国風の植物でいっぱい。
a0063364_23252562.jpg



池もあります。
巨大なトンボも・・・
a0063364_23262864.jpg



まさにトロピカル
a0063364_23265681.jpg



イグアナみたいな生き物も・・・
a0063364_23281726.jpg



めずらしい花
a0063364_23284923.jpg




な、なんだ、このたくさんの鯉は!?
どうしたんだ!酸欠?
a0063364_23294380.jpg



いいえ、子供たちが鯉にエサを与えていたのでした。
鯉たちは、くれ、くれと群がっているのです。
a0063364_23302162.jpg



にしき鯉と滝。きれいですね。
a0063364_2331273.jpg



美しいチューリップも展示
a0063364_2332195.jpg



つい先日飛行機事故で亡くなられたポーランドのカチンスキ大統領夫人の、マリア・カチンスカさんの名前がつけられた白いチューリップ。
a0063364_23332112.jpg


カチンスキ大統領が亡くなられた事故について知りたい方はココクリック
故カチンスキ大統領夫妻のご冥福をお祈りにたします。
[PR]
by andrzej11 | 2010-05-13 23:43 | ポーランド関係

2010年4月7日(水)  イースターの日

 ポーランド・ポズナニ市のBさんからイースターの時の写真が送られてきたので紹介します。

 今年は初めて、7.8キロのブタのもも肉を焼いたそうです。
a0063364_2315273.jpg


Bさんの奥さんはとても料理が上手です。

説明がなかったので、良く分かりませんが、肉に練った小麦粉?みたいなもの巻きつけて、焼くらしい。
a0063364_23183059.jpg


焼きあがりは巨大なパンみたいだ!
a0063364_23194940.jpg


皮をはがすと、おいしそうな焼けた肉が現れた。
a0063364_23214778.jpg



全部はがすと・・・とても良い色ですね!
a0063364_23222157.jpg



おいしそうですね!
a0063364_2324417.jpg



ビールのつまみに良さそうだ!
a0063364_23251326.jpg


とてもおいしかったので、来年も作りたいと書いてありました。

イースターの食卓。
ゆで卵は必ず並びます。
a0063364_23282479.jpg


イースターのお菓子、マズレク。クッキーより柔らかい生地にチョコレートや砂糖をぬって、ナッツやドライフルーツをのせてあります。
a0063364_23365638.jpg


教会の復活祭のミサ
a0063364_2329519.jpg



Bさんの妹さんが飼っている犬。
シェパードみたいですが・・・
a0063364_2330587.jpg


近所の森の中を散歩。
犬も楽しそう。
a0063364_2332010.jpg



枯れ木立の中、青い草が出てきました。
ここも春が来ています。
a0063364_23323546.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2010-04-07 23:38 | ポーランド関係

2010年4月1日(木) コシャリンの鶴

 ポーランド・ポズナニ市の友人Bさんから写真が届いたので紹介します。

 Bさんはコシャリンとい所付近で、鶴をたくさん見たそうです。

 広々としたポーランドらしい風景の中、白い点々が鶴です。
a0063364_2352756.jpg


上の写真の一部をアップしてみましょう。
ほら、白い鶴がたくさんいるでしょ?
a0063364_2372197.jpg


これも白鶴。・・・でもなんか・・・・ガチョウのようだ。
a0063364_2312021.jpg



これは別の種類の鶴。羽の色が違います。こっちは鶴っぽい。
求愛のダンスを踊っているやつはいないようで・・・
a0063364_23134635.jpg



飛び立つ鶴たち。南の国へ行くのかな?
a0063364_23155978.jpg



日本では鶴はおめでたいシンボルです。
また、冬の間、シベリアから飛来して、夏になると帰っていく鶴たちの姿をテレビでよく見ます。
彼らには国境はないんだとつくづく思いました。」
[PR]
by andrzej11 | 2010-04-01 23:23 | ポーランド関係

2010年2月26日(金) ポーランドの寿司レストラン

 ポーランド・ポズナニ市の友人、Bさんからまた写真が届きました。

Bさんは、最近奥さんと寿司屋に行ったようです。

その名も花寿司。(ポーランドのワルシャワやウッヂなどに店があるようです)

これが花寿司のメニュー。
a0063364_2346465.jpg


画面を拡大して見てみると・・・・


↓一番上と二番目のBULGOGIって何!?
韓国のプルコギのこと?お寿司だけでは、物足りないから、韓国の肉料理も入れているのかな?
日本の寿司屋ではあんまりないけど・・・
a0063364_23465423.jpg

↑三番目のEBIONIGARIYAKIって?エビのおにぎり焼きのこと?



↓一番上の、カリフォルニア太巻きって?その下もカリフォルニアゴールド?
カリフォルニアで流行っているのか!?
a0063364_23502632.jpg

↑三番目の、KEGONMAKI、華厳巻き?って聞いたことないんだけど、どんな寿司?
知っている人ご一報ください。



↓巻き寿司、ちらし寿司など、ここは分かります。
で、寿司ってポーランド人においしいのかな?生のお魚なんて食べられるのかな?
a0063364_23535523.jpg


Bさん夫妻は巻き寿司をいただいたようです。
おいしそうですね。
a0063364_024550.jpg

↑良く見ると、巻き寿司の中の具が日本でふつうに食べるのと少し違う?
材料がそろわないのかな?韓国のお寿司に似ている。(私は韓国お寿司は大好きです)


それとこれはトンカツかな?トンカツの下に野菜が敷いてある?
タレ(ソース)もおいしそう。
a0063364_035865.jpg



「お魚なら大歓迎だ!おいらにおくれよ!」スセウくんは言いました。
a0063364_23553536.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2010-02-26 23:55 | ポーランド関係


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧