<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年10月30日(火) おかえりおかえり!

 だんだん秋が深まっています・・・・
 ヌルデがきれいに紅葉してますね。これは触れるとかぶれるので注意しなければ。
a0063364_18193454.jpg


他の木々に比べて、ヌルデは紅葉の一番乗りです。
a0063364_1820442.jpg


日曜日に、私が帰宅した時のジロと花の歓迎ふり。
夫がいたので撮影してくれました。
a0063364_20171824.jpg


たった数時間留守にしていただけなのに、熱烈歓迎!
a0063364_20183893.jpg


平日、私が帰宅するとき、二匹はつながれています。そのときも大喜びですが、こんなに歓迎はしてくれません。かわいいものです。
a0063364_202623.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2007-10-30 20:27 | 日常の生活

2007年10月26日(金) 森の散歩

 森の中の散歩です。

 先導する花
 
a0063364_22232373.jpg


丸太を乗り越えるジロ


a0063364_23293871.jpg
一緒に歩く(飼い主、ズボンが下がって短足に見えます)
a0063364_222515.jpg


ここらでおやつタイムですよ!
a0063364_2226546.jpg


ぱくり!おいらがいただき!(ジロ)
          あら!あたいのは?(花)
a0063364_22262721.jpg


次はあたいよ!(花)
a0063364_2226503.jpg


さて、森の奥の池に出ました。
a0063364_22275959.jpg


赤い実が実って、秋らしくなってきました。
a0063364_2229446.jpg


この時期、池にはエフクレタヌキモの黄色い花でいっぱいです。
a0063364_22393776.jpg


もっと接近してみましょう。
a0063364_2383542.jpg


これがエフクレタヌキモの花
藻の上に足を開いて、浮いています。
a0063364_23111295.jpg


きれいでしょ?
a0063364_23304572.jpg


さあ、帰りましょう。
a0063364_23283320.jpg


 おまけ

 ジロと花がルービックキューブになりました。
a0063364_23441049.jpg


a0063364_23442567.jpg


スジママさんに教えてもらった加工サイトです。太字をクリックしてください。
[PR]
by andrzej11 | 2007-10-26 23:32

2007年10月22日(月) 花ちゃんの入り江

 花ちゃんの入り江は、ハイキングの子供によく壊されたり、新たにダムを作られ、水を塞き止められたりします。
その都度、補修していますが、今では入り江と言うより、4個の丸い池になってしまいました。
3つの丸い池があるのが分かりますか?もう一つ手前に池があります。
a0063364_1558269.jpg


奥の3つの丸池です。
a0063364_161422.jpg


奥の二つは小さな川でつながっています。
この川はどこかの子供さんが作ったものです。
a0063364_1624655.jpg


花ちゃんの入り江でなく、花ちゃんのお池に名前を変えますね。
お池に足を入れる花
a0063364_1673451.jpg


ジロは九月の終わり頃まではお腹をつけていましたが、
a0063364_16163459.jpg


もうお腹をつけません。おいら寒いのは嫌いです。
a0063364_1684883.jpg


かにさんもそろそろ寒くなってきたね。
a0063364_16174052.jpg


二匹並んでお池に入る。ジロがプルプルしています。
a0063364_1613252.jpg


この川岸で花はよく穴を掘ります。
a0063364_1695770.jpg


そして鼻先を地中につっこんで、フガフガやってます。
ミミズでもいるのかな?
a0063364_16105955.jpg



来年もかわいいお花を咲かせてね。
a0063364_16583758.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2007-10-22 16:59 | 散歩

2007年10月19日(金) おまつり

 先日、ふもとの町でおまつりがありました。
忙しかったので、夜のだんじりしか見ることができませんでした。
a0063364_189236.jpg


にぎやかなお囃子に合わせて、だんじりの上で青年たちが激しく体を揺らせていました。
a0063364_1895491.jpg


女の子たちが一列になって、踊っています。
a0063364_18103153.jpg


たいこの響きは人々を別の世界へいざないます。
a0063364_18113528.jpg


お祭りはいいですね。
a0063364_1812620.jpg


おいらたちは、お家で、かいかいしていました。
かいいの!
a0063364_18155065.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2007-10-19 18:16 | 日常の生活

2007年10月15日(月) 夜は寒くなりました

 十月に入ってから、やはり寒くなってきました。

 近所の木々も少しですが色づき始めたように思います。
a0063364_2332156.jpg


児童公園も・・・
a0063364_23325250.jpg


登山道でも・・・
a0063364_2333409.jpg


自動車道でも・・・(ジロ)赤く染まってきました。
a0063364_2335845.jpg


針葉樹の深い緑色の手前の小さな木々は色づいています。。。(花)
a0063364_23355755.jpg


散歩道は秋の花でいっぱいです!
ノコンギクかな?
a0063364_23365795.jpg


黄色い可憐な花
a0063364_23372235.jpg


アザミも多いです。
a0063364_2337486.jpg


花の頭にお花の種が乗っています。こうやって、風媒花ならぬ、犬媒花で、我が家の庭に種が運ばれています。おかげで庭は山と同じような状態に・・・
a0063364_2339816.jpg


でもおいら、秋といえば、食欲の秋!(ジロ)
a0063364_23395483.jpg


飼い主「行儀悪いぞ!痛いじゃないか!渡さん!」
ジロ「くださいくださいください!」
a0063364_23411113.jpg


あたいにもちょうだい!
上を向くと耳が立って狐みたいになる花
a0063364_23443066.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2007-10-15 23:47 | 散歩

2007念10月12日(金) 米原曳山まつり

  十月六日、 新幹線試験車両を見た後、米原の曳山まつりを見ました。

米原駅前の通り
a0063364_2329584.jpg


通りの奥から、お囃子が聞こえてきます。
お囃子が聞こえて来るほうへ足を向けると・・・・
a0063364_23324468.jpg



見えてきました、曳山が・・・
これは寿山の曳山です。
a0063364_2330560.jpg


お客さんや観光客が見物に来ています。
a0063364_23361520.jpg


間もなく子供歌舞伎が始まりました。
a0063364_23375854.jpg


題は「梶原平三誉石切鶴ヶ岡八幡神社頭の場」(長い!)
演ずる子供たちは全員地元の小学生の少年たち。
a0063364_015319.jpg


衣装もきれいで子供たちの化粧も本格的です。
舞台は、源頼朝が石橋山の合戦に敗走した後の鎌倉。鶴岡八幡宮。
a0063364_033495.jpg


源氏にくみする六郎太夫(右)が軍用金を調えるため、刀を売りたいとやって来ました。
本当の老人に見えますね。演じている少年は四年生。
a0063364_2020111.jpg


刀の切れ味をためす梶原平三。
上の赤いのは死罪が決まった囚人で、その下に六郎太夫が横たわっています。
六郎太夫危うし!
a0063364_2022153.jpg


嘆く六郎太夫の娘の梢
三年生の少年が上手に女役を演じています。なかなかの「美少女」
a0063364_20304326.jpg


梶原平三は囚人だけ切って、六郎太夫は助けました。
その代わり、名刀の証拠に手水鉢を真っ二つに割りました。
(後ろの石みたいなのは手水鉢だったのか?)
a0063364_20251410.jpg


写真を写す祭り関係者や観光客など
a0063364_065521.jpg


難しくて長い台詞をしっかりと振りをつけて一時間近くも演じる子供たち。
本当にすごいと感心しました。
a0063364_0305033.jpg


おしまいの挨拶
a0063364_0105874.jpg



深いおじぎ ははー!
a0063364_0113511.jpg



その後、一時間ほど待ち、別の場所で、旭山の曳山も見ました。
a0063364_0124345.jpg


こちらは「一条大蔵譚 奥殿の場」
常盤御前(左)と吉岡鬼次郎幸胤
a0063364_0164589.jpg


舞う常盤御前 男の子です。カツラが重いのかちょっと具合が悪そうでしたが最後までしっかりと演じて立派でした。
a0063364_0195116.jpg


この子は小学一年生。しっかり演じていました。
a0063364_022316.jpg


見物の人々。住宅街の中で演じていることが分かりますね。
a0063364_0341415.jpg


こちらも名演技。
a0063364_035543.jpg


上の真ん中の白い衣装の一条大蔵の衣装が派手な着物に早代わりしました。
a0063364_0355848.jpg


黒い衣装の吉岡鬼次郎も、緑色の衣装に変身!
この子はとても男前です。
a0063364_0365824.jpg


生首をかかえる一条大蔵
a0063364_038499.jpg


芝居が終わると、少年たちは青年に肩車されて退場するのが特徴のようです。
入場の時も肩車されていました。
a0063364_0475036.jpg


どちらも源氏と平家の題材でした。
子供たちの名演技に脱帽です!
こんなすばらしい伝統芸能が、長々と続いてきたのには驚きます。

曳山まつりは湯谷神社の祭礼です。
a0063364_0424911.jpg

a0063364_042287.jpg


住宅に飾られていた祭り用のちょうちん
a0063364_20281449.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2007-10-13 00:43 | 近江路

2007年10月7日(日) 新幹線試験車両公開

 米原市の鉄道総合技術研究所で、新幹線高速試験車両を公開しているのを見に行って来ました。
ふだんは非公開で見られないので貴重です。

場所は米原駅から歩いて五分ほどのところ。
この写真は米原駅。
a0063364_13252622.jpg


米原駅での電車切り離し。ファンらしき人が見物。
でもたいしたことなかった・・機関車と客車ならともかく、電車同士ではなあ・・・
a0063364_1419191.jpg


車両公開場までの道はのどか。ススキの向こうから、曳山まつりのお囃子が風に乗って聞こえてきます。
a0063364_13283938.jpg


青空とススキ
a0063364_13265048.jpg


車両公開場が見えたぞ!
a0063364_13273145.jpg


あ、新幹線だあ!
a0063364_13293981.jpg


ここには三台の試験車両が保存されています。
a0063364_16143394.jpg



WIN350 赤い文字をクリックすると説明が出ます。
a0063364_13304632.jpg


STAR21
a0063364_13473188.jpg


300x日本最高時速毎時430キロを記録した300X
a0063364_13484218.jpg


300Xの中に、に入りました。
中を見たい人は並んで順を待ちます。
a0063364_16161545.jpg

普通の新幹線とは違って、中は座席がほとんどなくて、部屋のようです。
a0063364_16153371.jpg


後ろのほうに少しだけ座席がありました。
a0063364_13515145.jpg


運転席は順番に入れました。
意外と狭い。ボタンや計器などが古い感じ。
a0063364_13545960.jpg


運転席に座って喜ぶ親子連れ。
やはり中に入った以上は運転席に座りたい!
a0063364_16171916.jpg


会場の隣は近江鉄道、東海道線と新幹線が平行して走っています。ひっきりなしに通過する電車に子供たちは大喜び。
a0063364_13563271.jpg


親が鉄道ファンだという人が多いらしく、電車が来ても形式が飛び交います。
「あ!新幹線!」でなく「おお、300系が」とか「500系だ」などとやけに細かいのです。
a0063364_13575416.jpg


ずうっとここに住みたいと言っている子もいました。
a0063364_1359509.jpg


撮り鉄してます!
a0063364_1421195.jpg


構内で近江鉄道が店を広げていました。
a0063364_1435548.jpg


電車の部品などが販売されていました。
これは電車の窓ガラス。広告もついたままだ。
a0063364_1444070.jpg


これは網棚?古いタイプで貴重ですね。
a0063364_1454085.jpg


車内持込禁止品の注意書きも売っています。古いもので、マニアなら喜ぶでしょうが・・・
a0063364_14101111.jpg


これは貴重なタブレット
近江鉄道は単線ですからタブレットが必要だったんですね。
a0063364_14252788.jpg


ブルーの丸いのは、近江バスのバス停の表示板なのでは?
そのほか、ワイパースイッチとか、貨車の状差しとか・・・
a0063364_1427067.jpg


これは何かの装置?古そう・・・。骨董品ですね。左のは電灯カバー?
a0063364_14292038.jpg




その他、ドレーンコック?など、興味のない人には、くず鉄、粗大ごみ、ガラクタでしかないような、鉄道部品が販売されていました。
どれもこれも重いし、きれいでないし、スペースを取るし・・・・
鉄道おたくの奥さんはこのような物の置き場に困るだろうな・・・テレビで時々放映される「ごみ屋敷」になってしまうと心配する人もいるかも?
a0063364_14131855.jpg


試験車両見学の後は曳山まつりを見て帰りました。
曳山まつりについては次回に書きます。



おいらたちはまたお留守番でした!
左側がジロ。
a0063364_14152757.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2007-10-07 14:33 | 近江路


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧