<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2011年3月28日(月) 大阪

 用事で久しぶりに大阪へ出ました。
大阪駅周辺はどんどん変わっています。
a0063364_23181068.jpg



大阪駅周辺の枯木立の並木道
a0063364_23191128.jpg



枯木立もなかなか風情があります。
a0063364_23205473.jpg



阪急百貨店(左)はまだ工事中なのでしょうか?
古くからの阪急、阪神、大丸百貨店に加えて、新しく伊勢丹三越デパートが開店予定なので、ますます競争厳しくなりそう・・・
a0063364_2324197.jpg




a0063364_2328825.gif


お散歩で、ロッシュ君に会いました。
花は嬉しそうにごあおいさつ。
「ロッシュくん、あそぼ!」
a0063364_2329518.jpg



ロッシュくんは少し、引き気味・・・
「きみ、うるさいからな」
a0063364_23303233.jpg



「ぼくは花ちゃん、苦手だ」
「あたいはいつもこうなんだもん」
a0063364_23314045.jpg



「ぼくは、静けさと孤独を愛するんだ」
a0063364_233231100.jpg



「あたいは、食べることと散歩が好きよ」
a0063364_23332937.jpg



でもこっそり花のお尻のにおいをかぐロッシュくんでした。
「ほんとはちょっと花ちゃんに興味があるんや」
a0063364_23343538.jpg


その後で、ラブちゃんに会いました。
いつもこのパターン。
a0063364_2340993.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-03-28 23:41

2011年3月27日(日) 春の花

 自宅の小さな水仙が咲きました。
a0063364_23352461.jpg

 去年の十二月、イノシシに庭を荒らされ殆どの球根が食べられてしまいましたが、水仙の球根だけは、無事でした。
 もちろん水仙の球根も掘り出されて、むき出しになっていたのですが、食べられはしなかったのです。
 水仙の球根はイノシシにとっては毒なので食べないのです。
 その球根を再びプランターに植え直して荒らされないように温室に入れました。
a0063364_2335391.jpg


先日実家からもらってきたばかりのムスカリ
庭にあったムスカリは去年暮れにイノシシに全部食べられてしまいましたが、今年の二月に花が咲いた状態のムスカリを庭に植えました。
 そのムスカリ、積雪にも耐えて、がんばってきたのに、またイノシシに食べられてしまいました。
 これは三度目のムスカリです。今度は庭に出さずに温室でかわいがっています。
やはり庭でたくさん咲いている方がいいですが・・・
a0063364_2338051.jpg



これは荒らされた庭で唯一の生き残り紫色のクロッカス。
a0063364_2348244.jpg



今朝はまた近所のラブちゃんと会いました。
いつも変わらぬこのポーズ
a0063364_23445984.jpg



でも平和な三匹です。
a0063364_23452890.jpg

ラブちゃんの飼い主さんのお宅に、東京から娘さんが赤ちゃんを連れてずっと滞在しています。避難ですね。
早くすべて元の通りに落ち着くといいのですが・・・。

福島原発について、広瀬隆さんの意見。
恐ろしいです。
ここクリック
あえて最悪のシナリオ(こうなると決まったわけではない)とその対処法を考える、という動画
ここクリック

これらの動画に対するコメント感想も興味深いです。
[PR]
by andrzej11 | 2011-03-27 23:48

2011年3月25日(金) 神戸

 今日は久しぶりに神戸・三宮へ行きました。友人と会食するためです。
ここも阪神淡路大震災の時はビルが倒壊し、めちゃくちゃになっていました。
奥の方の平たい白い建物は市役所で、震災前は8階建てくらいでしたが、
途中の階がつぶれて低くなってしまいました。立て直さずにそのまま使われています。
a0063364_22103053.jpg



今は震災の爪痕は消え、平和な静かな町ですが震災後、このあたりは戦争で爆弾を落とされたかのようにひどい状態でした。
a0063364_22141040.jpg



しかし、阪神大震災よりも、今回の地震の方がより悲惨です。
とはいえ、家族を亡くされた方の気持ちはどちらも変わらないでしょう。
自然、災害には人間はとても非力で小さいものだと感じます。

神戸の街中ではいたるところ、東日本大震災のための義援募金箱を抱えてよびかける人があちこちにいました。義援金サギも横行しているので、注意しなければなりませんが・・・

あるラジオ局の公開番組が神戸の商店街の真ん中で、東日本大震災の義援金を呼びかけていました。
a0063364_22261229.jpg


タレントの写真を写す人々
a0063364_22265517.jpg



原田伸郎がいました。
a0063364_22281331.jpg



ご近所わんこさんと花
a0063364_2231334.jpg


地震三日目の映像。このおじいさんの笑顔が希望を感じさせます。
一緒に助かった白いマルチーズも良かった・・・
私はこれをテレビで見て忘れられませんでしたが、
映像がyoutubeに入っていたのでここに入れておきます。
ここクリック
[PR]
by andrzej11 | 2011-03-25 22:32

2011年3月24日(木)

今年初めて体を洗いました。


この時期、まだ寒いわ。
a0063364_2351254.jpg



おせんたくが終わったらプルプル
a0063364_2353225.jpg


土の上で体をふく花
a0063364_23535573.jpg



草の上でも・・・
a0063364_23544049.jpg



もぞもぞもぞ・・・
a0063364_23545885.jpg



ああえらい目にあったわ!
a0063364_23552390.jpg


この後、ジロと花をしっかりふいて、ダニ除けスプレーをかけて、暖かい部屋で体を乾かしました。


原発について様々な意見が飛び交っています。

これは原発大丈夫派

ここクリック

これは反対派
ここクリック


地震兵器説
ここクリック

被災地の犬。
茶色と白の犬が弱っている白い犬を守っています。
ここクリック
これが放映されたのち、映像を見た人が放送局に「あのまま放置したのか」「犬のいる場所はどこだ」と抗議。
そしてこの犬二匹は無事保護され、弱っている白い犬は点滴を受けているそうです。
もう一匹は元気になったそうです。よかった・・・
被害があまりにも大きくて、動物たちまで手が回らないのが現状だと思いますが、
こんな明るい話もありました。
 少しでも命(人も動物たちも)が救われますよう祈るばかりです。
[PR]
by andrzej11 | 2011-03-24 23:55

2011年3月23日(水) モクレン

 今日、福祉関係のビル内で見たお雛様。
本当にほっとさせられました。
a0063364_233901.jpg



穏やかな表情の官女と五人囃子の一人。
a0063364_065656.jpg



友人の家の近くのモクレン
モクレンが咲くと春が来たなと毎年感じます。
a0063364_071775.jpg


a0063364_085553.jpg





朝の散歩で近所のラブちゃんと会いました。
a0063364_23421733.jpg



ラブちゃんとジロはアツアツ?
a0063364_2343198.jpg



ラブちゃんの飼い主にかわいがられる花
a0063364_23443999.jpg



 前回、日本に住むポーランド人の友人、Jさんが「今から48時間以内に福島原発が爆発(メルトダウン)するかどうか分かる」と言っていたと書きました。
そして原発はその後48時間以上経ってもそうはならなかったので、Jさん、原発は大丈夫とみなしたようです。(実のところ、福島原発、まだまだどうなるか分からないのですけど)
 
 実は、四月半ばに、Jさんのポーランド・レジャイスクの親戚が二人、日本に来ることになっています。
 しかし、今度の震災で、来日を辞めるのではないか?と私は思っていました。
 が、彼らはやめませんでした。
 それは「福島原発が(18日から)48時間過ぎても爆発しなかったから」らしい。
 え?そんなことで決めるの?
 そう言えば、Jさん、「親戚が日本に来るかどうか、原発次第よ」と言っていましたっけ。
 また。Jさんの親戚は東京には行かず、ずっとJさんの大津の家に滞在します。ですからホテルを予約する必要がありません。
 なので、お気楽なのでしょうね。
 私は彼らを奈良に案内することになっているので、楽しみです。
[PR]
by andrzej11 | 2011-03-23 23:55

2011年3月21日(月) 48時間以内に?

 先週の金曜日、三月の十八日に、ポーランド人のJさんの家に行き、話をしました。Jさんは日本人男性と結婚して日本に暮らす女性で三歳の息子がいます。
 彼女は達者な日本語で言いました。
「毎日のように、ポーランドから電話がかかるの。彼らは、私に早くポーランドに帰って来いって、うるさく言っている。息子も一緒に早く帰りなさいって」
 ポーランドからJさんにに電話をかけてくる(彼女の親族や友人たち)は何も彼女に日本人の夫との離婚を勧めているのではありません。
 福島原発がもうじき爆発するから(この意味の爆発はメルトダウン)危険だから国に帰れと言うわけです。
 「で、Jさん、あんた国へ帰るの?」と私が聞くと彼女は首を振りました。
「福島からここまで遠いからまあ大丈夫と思うから、帰らない」そしてこうも言いました。
「日本も、私には祖国だから」と。
私は彼女が帰国するかもしれないと思っていたので(アメリカ人や中国人、ドイツ人などは急遽、帰国している人が多い)嬉しくなり言いました。
「そうだね、原発もメルトダウンはたぶんしないよね」
するとJさんは顔色を変えて
「何を言ってるの。原発はもう後48時間で爆発するか、それを避けられるか分かるのよ。」
「48時間って何?そんなの聞いたことないぞ」と私が驚くと彼女はインターネットなどで調べて確かな情報だと言い張りました。
「日本政府は本当のことを伝えていない。あの原発は爆発に向かっている。大変なことになる」
「大変なことって何?チェルノブィリみたいになるとでも」
「分からないけど、大きな爆発になる」
福島原発が大変な状況なのは知っていますが、今から48時間以内にどうかなるなんていったい誰が言っているのか?
「みんな知ってる」Jさんは言いました。
「みんなって誰?」私は知らなかったし、原子力安全保安院のカツラをかぶった報道官はそんなこと言ってないぞ。
「だから日本政府は本当のこと言わないんだってば」彼女は熱心につづけました。
「あの壊れた原発は古くてもう使えないような機械だったのも私知っている」
そうなのか、私はそれは知らなかった。そんな古いの?
「46年前にできたのよ」
「ええ?チェルノブィリ原発くらい古いね?」
「そうよ!」
「それはえらいこと、危ない危ない」
「そうよ!」


 怖いばかりの、もう一つはっきりしない実りのない会話が続きましたが・・・

ちなみにJさんは、チェルノブィリ原発事故の時、子供でしかもチェルノブィリから三百キロくらいのところに住んでいたとのことです。(ウクライナはポーランドの隣国です)原発事故当時、事故があったことは一切知らされなかったので、平気で外で遊んでいたと言います。
 ポズナニのBさんも書いていましたが、腫瘍疾患を持つ人が増えているのは、多分、チェルノブィリ原発事故の影響だろうと。
 だから、においも色もない放射能汚染は、恐ろしいのです。

 そしてその時(Jさんと話をした時)から48時間が過ぎましたが、彼女が言っていた状態にはならず、懸命に放水が続けられています。
 事故を大きくしないよう日夜奮闘している原発関係者や、消防士や自衛隊員の健康が案じられます。最悪の事態にはまだなっていませんが、放射能は近くの農作物や水道などに影響を及ぼし始めています。

 こういう情報が海外では更に大げさに報道されるのだろうと思われます。

 昨日、ポーランドのパビァニッツェに住む友人から手紙が届きました。
「あなたはあの地震と津波でどうなったのか心配している。至急、メールで返事して」と自分のメールアドレスが書かれていました。
 私の住んでい所は、近畿地方なので地震の影響はないのですが、土地勘がない外国人には同じように感じるようです。 

 いずれにしても、福島原発、一日も早く収まってほしいと祈るばかりです。


ご近所わんこのダイちゃんと遊ぶジロと花
a0063364_2355285.jpg



体のサイズが違いますが、三匹とも嬉しそう・・・
a0063364_23571664.jpg

a0063364_23581055.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-03-21 23:55

2011年3月19日(土)

ポーランド・ポズナニの友人Bさんから、あちらで発行された、東北関東大震災を伝える新聞の写真が送られてきたので紹介します。

これはジェチポスポリタ(共和国)新聞の大一面に載った震災のニュース(3月12~13日付け)
見出しは「津波(ポーランド語でもtsunami)が日本を襲った」
a0063364_2131246.jpg



これは法律新聞?に乗った記事(3月14日)
見出しは良く分からないのですが日本は世界を動揺させる?(訳が間違ってたらすみません)
a0063364_220242.jpg



彼らにこれ以上の涙はない(これも訳が違うかも)
a0063364_2285198.jpg



Bさんの話では、出張先でも、どこでもこの地震(たぶん原発のことも)について語られていたそうです。


前回に引き続いて、海外からのエールを紹介します。
香港の若い人たちからの応援メッセージ
ここクリック


これは韓国からのエール。これもうれしいですね。
ただし、コメントを見るとずいぶん歪んだ見方をする人がいますが、素直に喜びたいですね。
私は公民館の日本語学級で幾人かの韓国人を教えたり、話をしたりしますが、どの人も気持ちの良いごく普通の人たちです。
ここクリック

 オーストリアの少女も、巧みな日本語で応援してくれています。
声がふにゃけていて、もっとしっかりしゃべらんかいと背中をおしたくなりますが、まあいいでしょう。ありがたいことです。
ここクリック


 しかし、思ったんですけど、以前から世界各国で大きな災害や戦争で多くの命が失われています。その都度、そこの人々に対してどれほど心を向けていただろうかと思いました。
 民族や政治を超えて人々が互いに祈りあえる世界になればいいですね。

 今日は気温が上がり過ごしやすかったですが、昨日までは真冬のようでした。
a0063364_2239243.jpg


ミニつらら
a0063364_22395053.jpg


しかし近所の梅が開いて良い香りがします。
やはり春なのだ・・・
a0063364_22404161.jpg


昨日の散歩の様子
冷たいなあ・・・
a0063364_22462950.jpg



左の花は嬉しそう
a0063364_22491287.jpg


おいらはもう家に帰りたいです。
a0063364_22514098.jpg


でもおいらのにおいも残しておかなくちゃ
じょんじょろ・・・
a0063364_22564827.jpg



ここでも・・・残しとこうっと!
a0063364_2312119.jpg



今期最後の雪かしらん・・・
a0063364_22555647.jpg



早く暖かくなりますように。
a0063364_2331043.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-03-19 23:03

2011年3月17日(木) 寒の戻り

 ポーランド・ポズナニの友人Bさんからメールが届きました。
「先日の教区の教会のミサは、全てを失った日本の被災者のための祈りの中で終わりました」と書いてあり、本当にありがたいと思いました。

 今度の震災は、海外の多くの人が祈り励ましてくれているようです。
ここクリック

 これを見ると、日本人はあの混乱の中でも礼儀正しく、騒がないので海外からも驚かれているよううですね。

 震災の日、帰宅難民になり、自宅へ長い時間かけて帰宅した東京の友人は、交通機関が止まり、どこも混雑して大変だったのに、誰も騒がず静かでみなさん、文句も言わずに秩序正しく行動していたのを感心していました。日本人てすばらしいと嬉しかったそうです。

 しかし、もちろん日本人の中にも、とんでもない人がいるわけで、義援金詐欺がさっそく報告されていますし、震災後すぐにおかしな善意を語ったチェーンメールが多数回され、よけいなメールが多数飛び交う所となり、被災者にかえって迷惑となりました。
 阪神大震災の時にはボランティアとともに、全国から泥棒もやってきましたが今度の地震はもっと被害がひどくて(阪神大震災もひどかったですが)また違うように思います。
 一日も早く復旧するよう祈るばかりです。

 



 こちらは寒の戻りで雪が降りました。
被災地ではもっと寒いと思います。早く暖かくなってほしいですね。
a0063364_23542994.jpg


少し前は日中は十五度にもあがり、春のようだったのに、今日は昼も零度でした。
a0063364_019761.jpg

a0063364_0202542.jpg


ここんところ、雪がよく降ります。これは数日前の朝。
a0063364_0265252.jpg



これも今朝の様子です。

この子は近所のラブちゃん。ジロとはいい仲?です。
a0063364_0271662.jpg


ラブちゃん!遊ぼうよ!と呼びかけるジロ
a0063364_0275931.jpg



春の雪はもっと水っぽくて日が昇るとじきに溶けるのですが、
今日は寒いので溶けません。
a0063364_0292212.jpg

a0063364_0295619.jpg


夕方もこんなでした。
おいら、寒いのきらいだ・・・(ジロ)
a0063364_0333499.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-03-17 23:54 | 日常の生活

2011年3月13日(日)

 おとといは知人の展示会で朝から詰めていました。ガラス扉の中の糸で吊られた展示品が一斉に揺れだし、ガラス戸が音を立てました。しかし私は揺れはほとんど感じなかったので何だろうと思っていました。周りの人の中には揺れを感じている人もいました。
夫の職場はゆっさゆっさと揺れたそうです。
 その時、恐ろしい地震が来ていたとは思いもしませんでした。

どなたかが「東北が震源地の大きな地震があったらしい」と言っていたので驚きましたが、夕方遅く帰宅するまで実状をが分からす、ニュースを見て驚きました。
 本当に未曾有の悲惨な状況に言葉も出ません。
 福島原発もまだ安定していないようですし、それも心配です。

 被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 

 
[PR]
by andrzej11 | 2011-03-13 21:52

2011年3月10日(木) 寒い一日

 今日も朝から小雪がちらつく寒い一日でした。
a0063364_22421544.jpg



うっすら白くなった道を行く
a0063364_22432167.jpg



木の葉の積もる道
a0063364_22454719.jpg



小川に続く道
a0063364_22471021.jpg



おいら早く帰りたいです・・・
a0063364_2248572.jpg



少し雪をかぶった庭のカエル
a0063364_22491359.jpg




積もる雪に耐えたムスカリは、イノシシに球根を食べられてしまいました・・・
おととい、三か月ぶりにイノシシに庭に入られました。
a0063364_22502517.jpg


またイノシシ対策を考えなければなりません。
役場に届けたら、猟友会が入って撃たれてしまうかもしれないので、うっかり届けられないし、どうしようかと。
[PR]
by andrzej11 | 2011-03-10 22:52


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

お気に入りブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧