<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2011年5月31日(月) 雨の軽井沢1

 つい先日、親戚の者が軽井沢で結婚式を挙げたため、軽井沢に二泊しました。

 軽井沢へ行ったのは八年ぶりです。以前、夏に何回か訪れたことがありますが、五月末に行ったのは初めてです。

 まず道中の新幹線の話から。

 新幹線に乗るのは一年ぶりです。東海道新幹線では、若い女性の車掌さんが検札をしていました。
a0063364_22564511.jpg


新幹線の女性乗務員。
a0063364_22582828.jpg



東京駅で長野新幹線の「あさま」に乗り換えます。
これは新潟行きの「とき」。動物的な顔ですね。
a0063364_230934.jpg



「がんばれ日本、がんばれ東北」と車体に書かれている印刷物を撮影する子供(東京駅)
a0063364_2343985.jpg



高崎駅近くから、観音さんが見えました。
a0063364_2385588.jpg



軽井沢駅に着きました。写真はあさま号。
a0063364_2381696.jpg



軽井沢駅からの眺め。
東京・横川方面です。
以前はここから線路が横川方面へと続いていましたが、
新幹線が通ってから線路はなくなりました。
a0063364_23135037.jpg

碓氷峠越え(軽井沢と横川の間)は、急な勾配のため、列車に強力な電気機関車2両、連結されてゆっくり走っていました。
ガタンガタンというゆったりした響きでいくつものトンネルを越えて、軽井沢へ近づき、あるいは去って行ったのに、今は新幹線であっという間です。便利でいいですけど、なんだか味気ないなあ。

軽井沢駅前。
地産のレンタサイクルの建物向こうに、浅間山かはなれ山が見えるはずなのが霧で見えません。
a0063364_2319842.jpg



しなの鉄道の軽井沢駅校内には、EF63(かつて碓氷峠で牽引するために活躍した強力機関車)が保存されているようです。
a0063364_8371586.jpg



これは駅の外側に保存されている草軽電鉄(昔軽井沢と草津の間を走っていた軽便鉄道)の電気機関車。
a0063364_8364091.jpg


ずっと以前は、軽井沢駅北側に、外国製のアプト式電気機関車が置いてあったのにあれはどこへ行ったんだろう?

さて、乗り物の話はこれくらいにして、軽井沢の町を見てみましょう。
あいにくのお天気(台風も近づいていました)のため、人は少なく、活気がありません。
a0063364_23285991.jpg



軽井沢に着くまでは、ずっと雨模様でしたが、軽井沢に着くと、曇り空でした。
降っていないだけありがたい。
a0063364_2332962.jpg



新緑が美しい三笠通り。
この道はかつて、草軽電鉄の廃線跡、というかかつて線路が敷いてあった道です。
だから右側の道と高さが違うのです。
a0063364_23335052.jpg



燃えるような朱色のヤマツツジが満開の最中でした。
a0063364_2340262.jpg



さすが高山。ツツジも背が高い。
a0063364_2341553.jpg



それにしても見事だ!
a0063364_23412955.jpg



新緑とヤマツツジ
a0063364_23431849.jpg



まだうす紫色のミツバツツジも残っていました。
a0063364_23452789.jpg



マイヅルソウもいっぱい咲いています。
a0063364_23455640.jpg



最近の別荘は門が金属製。
a0063364_23474979.jpg

a0063364_23491667.jpg


また、新しい別荘は、都会風の普通の家(といっても大きくてリッチですけど)を建てるようですね。
a0063364_23502630.jpg



軽井沢本来の別荘はこんな感じ。
これは和風。戦前に建ったのもあります。
a0063364_23533652.jpg


洋風の古い家。元々はこんなタイプが多かったようです。
a0063364_23544288.jpg

a0063364_014561.jpg


厳密に言えば、和洋折衷のような?
a0063364_2354132.jpg

家の塗り方が、独特なようです。
a0063364_0171758.jpg





緑が目に染みる軽井沢、次回につづく。

今日のジロと花。
四日間、動物病院に預けられていました。家に帰ってきたばかりの二匹。
家が一番いいね!
a0063364_043449.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-31 23:57 | 旅行

2011年5月27日(金) 結婚式の写真

バラの季節になりましたね。
これは街中のバラ
a0063364_2355070.jpg



町内会で育てているようです。
a0063364_2371796.jpg



バラのお世話は大変なのに、みなさんよくやってはる・・・
a0063364_2375477.jpg



ある家のピンクのバラ
a0063364_2383925.jpg



街角で見かけた額に飾る花
なかなかグッドアイデア
a0063364_2395560.jpg



バックがもう少しきれいだといいんですけど。。。
a0063364_23103719.jpg



絵画的な花
a0063364_2311062.jpg



a0063364_23113174.jpg


おたぬき山のニセアカシアが満開です。
本物?のアカシアはまだ見たことがありませんが・・・
ニセアカシアも美しい。
a0063364_23134116.jpg



ピンクのウツギも満開。
ウツギは別名卯の花とも言います。
a0063364_052341.jpg

卯の花匂う垣根にホトトギス早来も鳴きて~
の歌のとおり、毎日ホトトギスも鳴いています。真夜中も鳴いて飛んでいるので、鳥目?ではなさそう。フクロウも夜飛んでいて、つい先日、真夜中にわが家のアンテナに止って「ゴロスケホーホー」と鳴いていました。


ごきげんな花
a0063364_23145084.jpg



お父ちゃんの足の下のジロ
a0063364_2315964.jpg


 先日、友人の家に集まったとき、結婚式の写真の話になりました。
友人たちは、自分の結婚式の写真があまりにもひどくて見たくないと言います。
その理由は、「ハレーション起こしたかのような、ひどい白塗りの顔で写っているから」「まるで旅役者かちんどん屋のようで見るのもいや!息子が結婚するまでに処分したい。お嫁さんには見せられない」「とにかくひどいので捨てたい」「結婚式の写真を人に見せる人ってよっぽど自信があるんやね!」
友人らはみなさん、文金高島田だったようです。私は教会で挙げたので、洋装だったせいか、「ごってり白塗り」ではありませんでした。
 あまりのひどさに「ビデオは頼まなかった」と一人は息巻いていました。「写さなくてほんま、正解やったわ」とのことです。その友人は結婚するときに、ご主人のお父さんがあまりにうるさかった(子離れできてなかった)ので、式を挙げるのすら嫌だったそうです。
 ひどいって、どんなの?見せてくれと頼むと一斉に断られました!「あんなひどいもんを見せられるか!」ですと。
 ああいう高島田のカツラが似合う人は少ないのかもしれませんね。
 
 私の従姉妹たちは、結婚式のビデオを後で何回も見て喜んでいましたから、まあ人によって違うのかもしれませんが。
 近く親戚の結婚式があるので、行ってきます。雨模様なので、ちょっと残念ですが・・・。
 親戚の結婚式は、ごく近親者だけで行います。仲人もいないし、会社関係者も出ない地味な式です。本人たちはもう2年近くも一緒に住んでいますので、新婚旅行も後回しのようですね。
一応けじめで式を挙げ入籍するみたいです。幸せを祈ります。
 
[PR]
by andrzej11 | 2011-05-27 23:28 | 日常の生活

2011年5月26日(木) 梅雨

 Bさんからのプラハの写真、追加します。

せっかくプラハの日本大使館を写してくれたので、入れておきましょう。
古そうな建物ですね。
a0063364_22172998.jpg



a0063364_22233689.jpg



いつもの散歩道で、小さなカエルに会いました。
おたまじゃくしからカエルになったばかりのようです。
a0063364_22252516.jpg



ヤマボウシ
a0063364_2226268.jpg



芽吹いて間がないもみじ
a0063364_22271291.jpg


もちつつじ
a0063364_22284164.jpg



球根をイノシシに食べられてしまったかと思っていたユキウモチソウが
生きていました。ただし、通常の四分の一程度の大きさで、花はなくやっと弱々しい葉っぱがでただけです。芽が出たとき、通常なら、茶色い皮に覆われて出てくるのにそれもありませんでした。

今年は葉っぱだけでしたが、来年は通常のユキモチソウに戻るかな?
a0063364_22361023.jpg


小川で遊んでいると、ラブちゃんとロッシュくんが来ました。
ラブちゃんはもう石拾いに夢中です。
a0063364_2249182.jpg



四匹一度に撮れました!
a0063364_22501635.jpg



川に入るのが好きじゃないロッシュくんは踏みとどまっています。
a0063364_22511460.jpg



ラブちゃんは石を選ぶのに必死です。
好きな石を見つけて、運びます。
ジロは全く相手にしてもらえません。
a0063364_2253569.jpg



帰り道、並んで歩くラブちゃんとロッシュくん。
a0063364_22575992.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-26 22:59

2011年5月24日(火) B さんのプラハ旅行つづき

 ポーランドの友人のBさんと奥さんがプラハへ旅行した話の続きです。

 ここはヴァーツラフ広場。プラハの新市街の中心で、デパートやレストランやホテルなどが並ぶ大きな通りです。
奥の正面の建物は、国立博物館。
a0063364_23423078.jpg



ヴァーツラフ広場。右端の建物は一階が本屋さん。
真ん中のマルクス&スペンサーって書いてあるビル、百貨店かな?
a0063364_23452984.jpg



にぎやかなショッピング街
a0063364_2347079.jpg



宙づりの馬に乗る兵士。
馬がかわいそうな気がしますが、ものすごくユニークな発想。
昨日紹介したトイレと言い、チェコ人って面白いですね。
a0063364_23482270.jpg



石造りの建物の間を走る車。ヨーロッパならではの光景。
a0063364_23494688.jpg



さて、大きな川に出ました。
これがスメタナで有名なモルダウ河。
モルダウというのはドイツ語で、チェコ語ではヴルタヴァ(Vltava)河と言うそうです。
a0063364_23523650.jpg



もう少しお天気が良ければ色がきれいなのに残念。
a0063364_23531037.jpg



そのモルダウ河にかかるのが、有名なカレル橋です。
橋の入り口が見えてきました。
a0063364_2354206.jpg


右の銅像は神聖ローマ皇帝カレル四世。この橋を架けるよう命じたそうです。
a0063364_23593237.jpg



いよいよ橋を渡ります。
石造りなので、道みたいですね。
橋の両側に、十五人ずつ、計三十人の聖人の像が立っているそうです。
a0063364_005337.jpg



橋からの眺め
a0063364_0262.jpg



五つの星の輪を後ろに抱く、聖人ヤン・ネポムツキーの像。
a0063364_033887.jpg



ネポムツキー聖人の台の絵柄。
犬をかわいがっている兵士?ネポムツキー聖人も犬が好きだったのかな?
犬の部分だけが、色が薄くなっていますが、皆がなでてやるのでしょうね。
a0063364_043251.jpg



これはイエス・キリストの像。
a0063364_085056.jpg



キリスト像をよく見ると、ヘブライ文字?で何か書かれていて、上にアルファベットでINRIと書かれています。
wikipediaによると、「INRIとあるのはラテン語で「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の頭文字をとったもので、意味は「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」これは「キリストの磔刑」において十字架の上に掲げられた罪状書きの文であり、磔刑図と呼ばれる磔刑を描いた絵画や、十字架の上のイエス・キリストを彫った磔刑像(crucifix)という彫刻においては、イエスの頭の上に「INRI」という頭文字が記された札・銘板(titulus)が描かれるのが普通である。また絵画や彫刻によっては、INRI の文字が直接十字架に彫られていたり、イエスの頭上にINRI の文字が現れているような場合もある。古代の磔刑では、処刑場に引かれてゆく罪人の首には罪状を書いた銘板がぶら下げられ、その銘板は磔刑時に十字架上にかけられていた。」だそうです。
a0063364_0113680.jpg



さて、これは有名な天文時計台です。プラハ旧市庁舎時計塔。
時間を示す時計だけでなく、空や太陽、月の位置も示すようになっているらしい。
詳しく知りたい方はwikipediaでプラハの天文時計で検索してください。
a0063364_023406.jpg


天文時計の近くの、聖ミクラーシュ教会
a0063364_0244995.jpg



近代美術館前の面白い像。
色が薄くなっているところは、皆が、なでまわすんでしょうね。
a0063364_0263322.jpg



名前は知らないが、前にテレビで見たことがある乗り物。
未来の自転車?流行るかな?
a0063364_028450.jpg


Bさんのプラハの旅、これで終わります。


a0063364_029275.gif



ジロと花の写真も入れておきましょう。

雨が続いたので、小川の水が増えました。
ちょっと怖いな・・・
a0063364_0321752.jpg



川辺で穴掘りをする花
a0063364_033405.jpg



夕日の中を歩くジロ
a0063364_03413.jpg



おたぬき山は緑がどんどん深くなりました。
a0063364_0355579.jpg



ウツギが咲き始めています。
a0063364_0362680.jpg

a0063364_0364343.jpg



これはナルコユリ
a0063364_037337.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-24 23:56

2011年5月23日(月) Bさんのプラハ旅行

 ポーランド・ポズナニ市に住む友人Bさんから、五月初めに行った。チェコのプラハ旅行の写真が届いたので、紹介します。

 Bさんがプラハを訪れたときは、雨が降りとても寒かったそうです。

プラハの街並み。
a0063364_23361497.jpg



街中で見かけた芝居?の看板。
左から、プロデューサーズ、ポーランドの血? チャルダーシュのプリンセス、カールシュタインの夜。。。。グーグル翻訳で調べましたが、正しいかどうか・・・。
a0063364_23422940.jpg


 
 右の建物はキングスコート(Hotel Kings Court)ホテル。左はスメタナホール。
重厚な建物です。
a0063364_23363912.jpg



後ろはスメタナホール。
a0063364_045363.jpg



きっちり敷かれた石畳がいいですね。



とある男子トイレの中。
Bさんじゃないと入れませんね。
壁の模様が女の子たちだわ・・・?
a0063364_23443842.jpg



このトイレ、若い女性たちの注目で、殿方は落ち着いて用を足せないのでは??

なによ、それ!
双眼鏡で見物?
あ~失望!
a0063364_23452035.jpg



あらあら・・・
ねえ見てみて、たいしたことないわね。
a0063364_23461225.jpg



ふうん・・・まあねえ。
はいはい、早く済ませなさいな。
(背の低い用と背の高い人用があるんだな・・・)
a0063364_23483528.jpg

チェコ人のセンス、最高です。日本にもこんなトイレをぜひぜひ。


夜のプラハ。
左側に有名な天文時計台、右手奥の、光る教会はティーン聖母マリア教会(Matka Bo ped Tnem )。
ティーンはティーンエージャーではなく税関という意味で、税関の裏にあったからそう呼ばれるようになったとか。美しいですね。
a0063364_23493869.jpg



プラハの地下鉄。
運転士が真ん中に座っていますね。日本では進行方向に向かって左側に運転士がいますが。真ん中でもいいような気がします。
a0063364_2354323.jpg


まあ、地下鉄はの駅はどこも似たようなもので・・
とても近代的で素敵な地下鉄ですね。
a0063364_2354425.jpg



エスカレーターが超長い!
広告だらけ。
a0063364_2355557.jpg


プラハ次回につづく。
次回はカレル橋を渡ります。
[PR]
by andrzej11 | 2011-05-23 23:56 | 旅行

2011年5月20日(金) 緑の学校

 仕事で行った先で撮りました。
いつも通るとき楽しみな緑の多い学校です。
a0063364_2348777.jpg



校庭はとても広く子供の数はそう多くありません。
a0063364_23495372.jpg



校庭の中に、小山や隠れられるトンネルなどがあります。
a0063364_235144.jpg

a0063364_23522531.jpg



通学路も緑いっぱい。
a0063364_2353771.jpg


a0063364_23535915.gif


日陰でおやつをいただく花と羨ましそうにのぞくジロ。
ジロにも同じおやつを与えるんですが、ジロは食べるのがとても早く、花はゆっくり楽しんで食べるので、いつもこういうことになるのです。
a0063364_23562883.jpg



あたいは長く楽しんで食べるの!
a0063364_23575092.jpg


a0063364_014095.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-21 00:01 | 日常の生活

2011年5月19日(木)タイの雑誌

日本語学級で今担当しているタイ人の生徒が、タイの雑誌を持っていたので、見せてもらいました。
婦人向け雑誌のようで、ファッション、連載小説、手芸、料理など色々満載です。
表紙は取れていたので、雑誌の名前は分かりません。

新しい雑誌でなくて古いそうです。それを何年か以前のもの。

けっこう分厚い。日本では手に入りにくい雑誌なので、タイ人生徒にとっては貴重品。
幾度も読んでいるようです。表紙ははずれてありませんでした。
a0063364_23361432.jpg



ファッション記事も充実
タイ人人は足が長くてきれいね、と生徒に言うと「私の足は長くない、きれいじゃない」と恥ずかしそうに言ってました。まあこの人らはモデルだから特別やねと私はあわてて付け加えました。
a0063364_23391252.jpg



タイ人の女性は、普段はこんなスカートを身に着けているそうです。
a0063364_23431353.jpg



クロスワードもあるぞ。
a0063364_23394791.jpg



おいしそうな料理も紹介
a0063364_23445231.jpg



女性誌には定番の星占いも。
a0063364_2346272.jpg



かと思えば、子供服の作り方も載っている。
a0063364_23491321.jpg



これは宣伝で、このミルク?を飲んで、高級外車や家電を当てようということらしい。
a0063364_23532179.jpg


表情の作り方?らしいけどなぜに白人?白人や黒人の方が確かに表情が豊かかも?
a0063364_2350482.jpg



ファッションページにも白人。黒人もいるぞ。
a0063364_23541349.jpg
 


小説も欧米からの翻訳?ハーレクインみたいな読み物かな?
a0063364_235544.jpg



なぜアジアの雑誌に白人(黒人も時々)が多く使われるのか?日本の雑誌も同じですが、見慣れているので気になりませんでしたが、タイという外国の雑誌で客観的に見ると、日本の雑誌も白人多く使いすぎと思ってしまいます。
外国の雑誌は興味深いですね。

また立体カードを作り、今度は友人にプレゼントしました。
これは外カバーをつけた状態。箱はお菓子の箱です。
a0063364_23593577.jpg



カバーをはずすと、猫関係ばかりの本やディスプレイ(のつもり)
ちなみに、上の三冊の雑誌表紙の猫ちゃんは友人の愛ネコたちです。
雑誌の表紙に細工するサイトで作りました。
a0063364_23595984.jpg



プレゼントした友人は大喜びで、玄関に飾ってくれましたが・・・
a0063364_013890.jpg



一緒にいた他の友人らは「小学校時代こういう工作を作った」などと、冷たい眼差しでした。
やはり、好き嫌いがあるようです。好きな人に喜んでもらえたらそれだけでいいですね。
a0063364_041253.jpg



散歩のときの花
うれしいわん
a0063364_075654.jpg


小川のジロ
a0063364_093042.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-19 23:56 | 日常の生活

2011年5月18日(水) 春の田んぼ

 五月の田んぼの様子 たくさん実っておくれ
a0063364_2314194.jpg

a0063364_23172365.jpg

a0063364_23182192.jpg



ややや!あぜ道にいるのは?サギかな?
a0063364_232282.jpg



たんぽぽの種
a0063364_23193776.jpg




グリーングリーン
a0063364_23212926.jpg

a0063364_23241643.jpg



日曜日、お父ちゃんに洗ってもらいました。

暖かい風呂用のお湯で洗います。
あたいはあんまり好きじゃないわん(花)
a0063364_23252552.jpg



おいらはこんなのされるの嫌いだい。(ジロ)
a0063364_23271425.jpg



ノミ取りシャンプーです。
a0063364_23282729.jpg




やれやれ・・・
a0063364_23285589.jpg



終わった後はプルプル!
a0063364_23292849.jpg



何回もプルプル
a0063364_23295018.jpg



ああ、えらい目にあった・・・(ジロ)
a0063364_23303384.jpg



洗った後、興奮して駆け回る花
a0063364_233164.jpg


乾いた後に、ダニ除けの薬を体に散布して終わりです。
これから先は月に一度は洗ってダニ取りをつけてやらないといけません。
[PR]
by andrzej11 | 2011-05-18 23:33 | 日常の生活

2011年5月15日(日) わさおのクッキー

 先日、実家の近くのとあるスーパーの東北応援フェアで、東北産の食品が売っていました。
連休中も別のスーパーで開かれおり、その時はせんべい鍋の素や岩手の焼きそばなど買いました。どれもとてもおいしかったので、時々買えたらよいのにと思います。

今回買ったのは、青森のわさおのクッキーです。
クッキーにはわさおのイラストがついています。まあまあおいしかったですね。
a0063364_23494710.jpg

 

所用で訪れた町のこいのぼり
a0063364_23514670.jpg



散歩で、森の中のガタロウ池(と勝手に呼んでいる)を見に行きました。
この池は、干上がってなくなったり、雨季には大きくなったり、つまり消えたり、出現したりします。
今回は、少し前にたくさん雨が降ったので、ありました。
a0063364_23545391.jpg



日が沈んでいたので、あまりきれいに写真が撮れませんでしたが・・・
a0063364_2356326.jpg


a0063364_001558.gif


今日、散歩でクマンバチが飛んでいるのに出会いました。
a0063364_032047.jpg



一生懸命飛ぶクマンバチ。はたらきものだね。
a0063364_034446.jpg



つい先週頃まで咲いていた赤紫色のツツジが終わって、燃えるような朱色の山ツツジが咲き始めました。
a0063364_054994.jpg



つぼみも多いです。これからが旬。
a0063364_08092.jpg



本当に燃えるような色だ!
a0063364_09778.jpg

a0063364_093487.jpg



おいらは喉がかわきました。ツツジよりお水だ!
a0063364_0102774.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-15 23:56

2011年5月12日(木) 立体カード

 先日、母の日に、母に立体カードを作り、実家に届けました。
雑な出来ですが・・・
a0063364_23562944.jpg



ねこやしきの読書部屋にしようとしましたが、時間がなかったのであわてて作ったものですから(言い訳)本の出来が雑です。
母はこういうのがあまり趣味でなく、「忙しいのにそんなものを作る暇があったらもっと仕事をしろ」とか言ってそれほど喜んでいませんでした。もっと実用的なものを送った方がよかったみたい?
a0063364_025454.jpg


a0063364_0449.gif



ここ二日ほど雨が降りましたが、雨の前の写真です。

新緑の森
a0063364_09848.jpg

a0063364_0142043.jpg



切られた木から吹き出る命
a0063364_093446.jpg


輝く新芽
a0063364_0104211.jpg




ツタの花
a0063364_0111383.jpg



野イチゴの花
a0063364_0133394.jpg



散歩道のマムシ草
a0063364_0145999.jpg



私はテンナンショウ系が大好きです。
昨年植えたムサシアブミと以前からあったユキモチソウは昨年末に球根をイノシシに食べられてしまいました。(チューリップも全滅しました)
サトイモ科なので球根がおいしいようです。
先日、山野草店で、ウラシマソウを買いました。日中は庭に出しますが、夜間はベランダで育てています。
a0063364_017431.jpg


雨の日の散歩
a0063364_0195624.jpg



雨の日
a0063364_0202492.jpg

[PR]
by andrzej11 | 2011-05-12 23:57


愛犬を中心とした生活日誌


by andrzej11

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日常の生活
散歩
ポーランド関係
マトリョーシカ
トリアージ訓練
チーちゃん
近江路
お友達わんこ
旅行
札幌旅行
東京
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

きょうのはなwithくる...
ジャックラッセルテリア&...
めがねとモンスター
ジロと花の散歩道
poziomkaとポーラ...
ちゅっちゃん日記
三匹軽井沢を行く | ブ...
ポーラン便り
復活!あいの気まぐれ日記

メモ帳

最新のトラックバック

雛人形
from 雛人形
米原曳山まつり
from ぶらり旅
インディアンシャンプー
from インディアンシャンプー
狂犬病とは
from チワワのしつけ徹底研究
有馬温泉口コミ
from 有馬温泉口コミ情報
シルクロードとケバブログ
from KEBABlog 秋葉原名物..
バイク情報ガイド
from バイク情報ガイド
くるまやラーメン
from くるまやラーメン情報
葛飾区ビジネスホテル
from 葛飾区ビジネスホテルの案内
暖か【防寒 コート】がた..
from 犬の服 WanこClub

ライフログ


笑う!遺伝子―笑って、健康遺伝子スイッチON!


モスクワ郊外の夕べ‐ロシア民謡


ぼくの翻訳人生


チェブラーシカ


アレクセイと泉


笑って大往生


ベッドサイドのユーモア学―命を癒すもうひとつのクスリ


ポーランド語の風景―日本語の窓を通して見えるもの


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す


ピーコの祈り


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力


マナ 楽園からの贈り物 (角川文庫)


もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)


気功的人間になりませんか―ガン専門医が見た理想的なライフスタイル


イスタンブールの占いウサギ―Yan in Constantinople 1920


ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師


草原の祝祭―ヤンのヨールカ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧